EPUBのXHTMLではダブルバイトは鬼門だった



 InDesignからEPUBを作成するとき、最初につまずくのは、ファイル名ではないか。ファイル名が日本語だとEPUBビューワーでは開かないのである。既に作成したInDesignのドキュメントをそのままEPUBにすると、たいていはケッチンを食らってしまう。ほとんどの問題は、すべてのファイル名を欧文表記にすることで解決する。

  InDesignからEPUBを作成するのであれば

ファイル名は日本語にする

という最低限の鉄則をわかりやすく解説したページを僕はみつけることはできなかった。というより、そんなことは当たり前なのだが、XHTMLに関心がなければ、何故、日本語がだめなのかは説明して貰わなければ理解できないのではないか。InDesign CS4のEPUBはDigital Editionsで開くよ、という意見もあるだろう。しかしそのEPUBはStanzaでは開かないのである。

 EPUBを説明するときよく使われる簡潔な言葉に「XHTML/XML+CSS」というものがある。正確には

XHTML 1.1/XML 1.0 + CSS 2

である。XML 1.0の仕様に乗っ取って決められたXHTML 1.1のタグで記述されているドキュメントで、CSS 2を利用してもいいという意味である。CSS(Cascading Style Sheets)は利用しなくてもかまわない。

 InDesignのドキュメントファイル名が日本語だとどうなるのかというと、XHTMLファイル名も日本語になってしまう。XHTMLといっても、HTMLファイルであることには変わりない。この時点でアウトである。ファイル名が日本語のHTMLはいまのところあり得ない。

 同じように、リンクファイル名が日本語で指定されていても、EPUBはたいてい開かない。リンクファイルはEPUBの「images」フォルダ内に保存される。本文のXHTMLファイルからリンクはディレクトリを相対パスで指定する。そのパスに日本語が含まれているとそれだけで開かない。InDesign CS3で試した限り、Adobe Digital Editionsだけでなく、Firefoxのアドオンでも開かない。

 もう1つの鬼門は、段落スタイル名の日本語だ。段落スタイル名がすべて日本語だと、EPUBに書き出すとEPUBビューワーでは開かない。ただし、日本語が段落スタイルだけの場合はFirefoxのアドオンでは開いた。

 段落スタイル名が日本語だけの場合、何故EPUBが開かないのかというと、CSSのクラス名を作成できないためだろう。クラス名は段落スタイル名から作成するからである。少しでも欧文が含まれていると日本語部分は無視し欧文部分だけを拾い上げてクラス名を作成する。

 それでは同じ欧文文字を使用している場合はどうなるのだろうか。たとえば

Aタイトル
Aキャプション


などの場合である。その場合、クラス名が同じになってしまう。しかしそこは良くできたもので、クラス名の欧文文字がだぶっていてもクラスは別になる。

p.A
p.A-2


という具合である。いすれにしても、段落スタイル名は欧文が含まれていればよい。

 ドキュメントファイル名が日本語のとき、Sigilで開くときと開かないときがある不思議な現象で、昨日開いたEPUBファイルは今日は開かないということがあった。サーバにコピーしたEPUBは開いたのに、コンピュータ上の同じEPUBは開かないのである。原因はいまのところ不明である。しかし、もしSigilでひらけば、XHTMLファイル名を日本語にして再保存するとあとは開くようになる。開かない場合は、別のマシンで試してみるしかなさそうだ。

 これからはInDesignでドキュメントを作成するときは、ファイル名、リンクファイ名、段落スタイルは欧文表記を使うようにしよう。それが紙の印刷と電子書籍のEPUB両刀使いのための第一歩である。したがって、欧文表記の鉄則さえ守れば、InDesignからStanzaやiBooksで「使えるEPUB」を作成するのは、けっして難しくないのである。


◆InDesign CS4 No.24 Digital Editions用に書き出し その2[InDesignの勉強部屋]
http://study-room.info/id/studyroom/cs4/study24.html


◆これだけでできるInDesignからEPUBの電子書籍を作る方法
http://www.incunabula.co.jp/book/id_epub/


◆これだけでできるInDesignからPDFの電子書籍を作る方法
http://www.incunabula.co.jp/book/id_pdf/

 
 



タグ:ePub

posted by 上高地 仁 at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesignとEPUB
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。