これでInDesignからEPUBを書き出してiPhoneで読めるぞ



 InDesignからEPUBを書き出してiPhoneで読めるのだろうか。そのまま書き出したEPUBは残念ながら、iPhoneのStanzaでは読むことができない。しかし、作り直せば、Stanzaで読み込み可能なEPUBファイルにすることができる。

  InDesignから書き出したEPUBをStanzaにダウンロードするもっとも簡単な方法は、デスクトップ版StanzaでEPUBファイルを開いてiPhoneのStanzaで[共有]することである。まず、デスクトップ版Stanzaで読み込み可能なEPUBファイルを作成すれば、iPhoneのStanzaにダウンロードできそうだ。

 ダウンロードするには、まずiPhoneをWi-Fi環境にする。そしてPCもWi-Fiにする。デスクトップ版のStanzaのツールメニューで[Enable Sharing]を選択する。それだけである。iPhoneのStanza[共有]の「Computer Sharing Books」に

Books on PC名

と表示されるのでそれを開ければダウンロードできる。ただし、InDesignから書き出したままEPUBファイルはインポートに失敗する。失敗したときのアラートは

This Book is encryted with proprietary "Digital right management"(DRM) and cannot be read by Stanza.

 となっている。つまり、InDesignのEPUBファイルはDRM(デジタル著作権管理)によって暗号化されていて、iPhoneのStanzaでは読むことができないということである。デスクトップ版では開くが、iPhone版では開かないというDRMによって暗号化されているようだ。

100614-01.gif

 ということは、この暗号を外してやれば、InDesignのEPUBファイルをiPhoneのStanzaに読むことが可能になるはずだ。なにか変換ソフトがあるはずだと思って、もう一度クグッってみると、変換に使用するEPUBソフトを見つけることができた。

InDesign をiPhoneのStanzaで読める電子書籍にしてみる[mkawa.xmldo]

というブログによると「Sigil(シジル)」という「EPUB出力が可能な電子書籍用WYSIWYGエディタ」があって、それで開いてEPUBに書き出せば、Stanzaで読めるという。やってみたら、読むことができた。ということはSigilのEPUBの編集ソフトを使えば、Stanzaで読めるEPUBに変換できる可能性がありそうだ。

 さて、Sigilで書き出すとどうなるとかいうと、ファイルサイズが極めて軽くなる。つまり、InDesignで埋め込んだフォントが消失するのである。また、「META-INF」フォルダに「encryption.xml」という暗号について記述されたファイルがある。ただしこのファイルを削除しても、Stanzaにはダウンロードできなかった。

100614-03.gif

 ただし、文字はInDesignの書き出しに問題があるため、フォントは指定どおりにはならない。明朝を指定していても、ゴシックで表示されてしまうが、日本語での表示は可能である。画像も表示される。また、段落と段落の間の行間が広がるのでけっこう読みやすい。「template.css」を細工すれば可能かも知れない。

100614-02.gif

 InDesignのEPUBはDRM(デジタル著作権管理)によって、暗号化されたものだった。Adobe Digital Editionsのための暗号化かもしれない。Sigilで再書き出ししたEPUBをDigital Editionsで開くと文字は化けるのである。まあしかし、Adobeには申し訳ないが、EPUBファイルをDigital Editionsで閲覧することはあまりなさそうである。

 暗号化されていないEPUBはこれからますます普及するだろう。現在は日本語は横組みしか対応していないし、組版もできていない。そのうち日本語に対応し、複数の組版を組み込んだEPUBリーダーが登場するのではないか。そうなると、ドキュメントをEPUBで提供するのは当たり前となりそうである。

 ただし、まだ当分はスタンダードになりそうなEPUBの日本語リーダーはわからない。それまでは、縦組みを再現したり、組版を反映するにはPDFを使うのが便利かもしれない。テキストサイズを変えることはできないが、読みやすい電子書籍は作成できる。iPhoneのStanzaでも、PDFをダウンロードして読み込むことが可能だ。


◆InDesign をiPhoneのStanzaで読める電子書籍にしてみる[mkawa.xmldo]
http://mkawablog.blogspot.com/2010/02/indesigniphonestanza.html


◆Sigil 0.1.9[Software Re:Source]
http://software.re-source.jp/product/10444914/10446062/


◆これだけでできるInDesignからEPUBの電子書籍を作る方法
http://www.incunabula.co.jp/book/id_epub/


◆これだけでできるInDesignからPDFの電子書籍を作る方法
http://www.incunabula.co.jp/book/id_pdf/


 
◆InDesignからEPUBの電子書籍を作成する方法がiPhoneアプリになりました

InDesignからEPUBの電子書籍を作成する方法[iTunesプレビュー]

 ↓   ↓

http://bit.ly/hoLZHS



st07.gif


 

 




posted by 上高地 仁 at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesignトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。