Illustrator CS4、CS3互換のトリムマークは必要か?



 Illustrator CS4はアップデートが少ない。Macintosh版では14.0.1がリリースされていて、インテルMac環境で合成フォントをアウトライン化すると強制終了するというトラブルを解決するためのアップデートだ。Windowsと版ではアップデートがない。ただし、Macintosh/Windowsともにアップデートページに「Adobe Illustrator CS4 トリムマークフィルタプラグイン」というプラグインがアップされている。

  「Adobe Illustrator CS4 トリムマークフィルタプラグイン」というのは、どうやら、CS3互換のトリムマークフィルタをCS4に実装するためのものらしい。昨年の12月にアップされていたが、気が付かなかった。

 プラグインはアメリカのサイトにあり、そこからダウンロードする。「CropMarks.aip」という名前のプラグインがダウンロードファイルに含まれているので、そのプラグインファイルを、Illustratorプラグインフォルダにコピーすればよい。ただし、すでに同名の「CropMarks.aip」ファイルがあるので、それを上書きせず、「CS4CropMarks.aip」などの別の名前にしてからコピーする。どうやら前のプラグインも必要らしい。

 コピーしたら、Illustrator CS4の環境設定ファイルを削除する。念のため、「Adobe Illustrator CS4 Settings」フォルダを別の場所に移動しておき、Illustrator CS4を起動する。

 このプラグインはいったい何のために提供されたものだろうか。環境設定ファイルを再構築してIllustrator CS4を起動すると、トリムマークフィルタが復活するのだ。フィルタメニューは存在しないので、オブジェクトメニューに[フィルタ]のサブメニューが追加され、CS3のフィルタメニューのようにトリムマークが作成できるのである。

 CS3のフィルタメニューの[トリムマーク]と、CS4の効果メニューの[トリムマーク]はどこが違うのか。フィルタメニューであれば、トリムマークを分割・拡張しなくてもいいということだ。分割・拡張しないトリムマークが欲しいというリクエストがあったのだろう。

100330-01.gif

   ↓

100330-02.gif


 しかしCS23にあってCS4で失われたトリムマーク関係の機能で喉から手が出るほど欲しいのは、フィルタのトリムマークではない。それは

オブジェクトメニューのトリムエリア(トンボ)

ではないか。確かにIllustratorのトンボは使うことはまずない。トンボを付けるときはフィルタメニューのトリムマークを使うことが多かった。分割・拡張しなければ使えない効果メニューのトリムマークを、薄気味悪く感じているユーザーも多いだろう。しかしそれは慣れれば、効果メニューのトリムマークでも問題なく使えるのではないかと思うのだ。

 それよりも、[トリムエリア]こそが復活して欲しい機能ではないか。というのは、たとえばA4サイズにトリムマークを追加して、トリムマークごとB4でプリントアウトしたとしよう。その場合、アートボードサイズはB4にしなければならない。CS以降ではプリント時にアートボードサイズでプリントするからである。A4のアートボードサイズにトリムを付けて、B4サイズでプリントしてもトリムマークはプリントされないのである。

 一般的にトリムマークをプリントするとき、まずA4サイズでアートボードを作成し、オブジェクトメニューでトリムエリア(トンボ)を選択する。そうすうと、アートボードサイズのトンボが生成されるので、いったんそれを解除する。それでA4のアートボードサイズのオブジェクトができあがる。そしてトリムマークを作成して、アートボードサイズをB4に大きくするのである。この方法のメリットは、トリムマークがB4に大きくしたアートボードのセンターに位置することである。

 B4サイズに任意の位置にA4の矩形ボックスを作成しトリムマークを追加したとしよう。その場合、位置がずれていると、トリムマークの一部がアートボードの外に出てしまうことになる。トリムマークの一部がカットされると、トリムマークの境界線で割り付けするときに位置がずれてしまうのだ。

 いまさら[トリムエリア]でなくてもいいが、アートボードサイズにトリムマークを追加する機能を用意して欲しいものである。それがあれば、CS3互換のフィルタトリムマークはなくてもいいような気がするのだが、どうだろうか。


◆Adobe Illustrator CS4用トリムマークフィルタプラグイン(Macintosh)
http://kb2.adobe.com/jp/cps/236/236536.html

◆Illustrator for Macintosh のダウンロード可能ファイル
http://www.adobe.com/jp/support/downloads/ilmac.html

◆Illustrator for Windows のダウンロード可能ファイル
http://www.adobe.com/jp/support/downloads/ilwin.html

 


タグ:Illustrator CS4

posted by 上高地 仁 at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Illustratorトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。