InDesign、2行の目次用段落テキストを1行で目次にする方法



 InDesignがけっこう便利なのは、目次機能。今回も目次機能を取り上げたい。目次機能はほとんど進化しておらず、使いやすくならない。たとえば、本文ページで2行で表示されているテキストを、目次では1行にしたい場合はどうすればいいのだろうか。

  トピックの見出しのテキストはわかりやすくするために、長めのテキストにすることが多い。以前、編集を担当頂いた編集者の方から、見出しだけを読めば本文を読まなくてもわかるようにしてくれと言われて以来、できるだけ見出しでの説明を長くするようになったからだ。

 トピック見出しを長くすると、1行では納まらなくなる。2行にするときは、改行しやすそうな場所でリターンキーを押すことになる。そうすると、トピック見出しで使用した段落スタイルを目次に流用しようとすると、目次も2行になってしまうのだ。

100324-01.gif


   ↓

100324-02.gif
*テキストを改行すると、1行ごとにノンブルが付いてしまう。


 目次のウィンドウでは[1行にまとめる]という設定があるが、ここをチェックしても、階層単位で1行になるので見出しテキストだけを1行にすることができない。

100324-03.gif

   ↓

100324-04.gif
*[1行にまとめる]をチェックすると、同じ階層のテキストがすべて1行になってしまう。

 いままでは目次用に別にテキストを作成して、ページ上において使っていた。テキストの塗りも線もなしにし、そのテキストに目次で割り当てる段落テキストを割り当てておくである。こんな方法を使っていると、段落スタイルの数ばかりが増えてしまう。ドキュメントが複雑になって使いにくいことこの上ない。

 そこで思いついたのが、2行になる段落スタイルを改行せず2行にする方法である。テキストを改行しなければ、目次には1行で取り込まれることになる。つまり改行以外の方法で、テキストを改行すればいいのである。その方法とは

テキスト回り込みオブジェクトを配置する

という方法である。改行位置に塗りも線もないオブジェクトを配置する。オブジェクトはテキストの回り込みで「境界線ボックスで回り込む」を選択しておく。そうすると、オブジェクトの位置でテキストは改行されるのである。

100324-05.gif

*塗りも線もなしのオブジェクトで強制改行する。


 なんだ、思いつくと簡単じゃんと思った。なぜ、いままでこんな簡単な方法が思いつかなかったのか。少なくともこの方法であれば目次用にテキストを作成する必要はない。オブジェクトを配置するのは、テキストを改行するより面倒だが、塗りも線のなしのオブジェクトは、PDFにしても反映しないので、とりあえず当分この方法を使うしかなさそうだ。

 



posted by 上高地 仁 at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesignトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。