InDesignからEPUBを書き出してiPhoneで読めるか



 InDesignはCS3以降、Digital Editions用のファイルを書き出すことができるようになりました。ファイルメニューの[Digital Editions 用に書き出し]でドキュメントを書き出すと、EPUB(いーぱぶ)で書き出すことができます。EPUB形式のファイルはStanzaなどのiPhone用の電子書籍リーダーで読むことが可能です。

  InDesignからのマルチユース書き出しでは、Flashの書き出しはよく知られていますが、EPUBの書き出しはあまり知られていません。iPadの登場で電子書籍に大きな注目が集まり、Digital Editionsにも関心が集まっているようです。

 Digital EditionsはAdobe製の無償のeBookリーダーです。むかしのAcrobat eBook Readerの仕切り直し版です。最初はAcrobat Readerで「eBook」という形式の電子書籍を読むというやり方だったわけですが、電子書籍リーダーとして専用ソフト、「Digital Editions」をリリースしました。

 Digital Editionsは2つのファイルフォーマットに対応しています。

PDF
EPUB


です。PDFは基本的にPDF/Aに対応しています。PDFであれば開くようですが、CMYKのPDF/Xなどを開くと透明部分のカラーが変わってしまいました。モニタ閲覧用なので、RGBのPDFが基本ということのようです。

 EPUBは電子書籍の1つのファイルフォーマットですが、複雑な処理をせずにXMLをベースに書き出したものを読むというシンプルな構造です。したがって、EPUBの書き出しも読み込むも汎用性があり、もっとも普及しそうな電子書籍フォーマットの1つといえそうです。

 livedoorニュースにある「出版業界の新しいスキル!電子書籍のつくりかた」という記事を読むと、けっこうInDesignから電子書籍を書き出したいという要望が多く、EPUBへの関心が高まっていることがわかります。書き出したEPUBは、Digital Editionsだけでなく、Firefoxのアドオンでも読むことができます。

 もちろんXML(もう少し詳しくいうと「XHTML/XML+CSS」らしい)を読むだけなので、レイアウトはできません。タグ付けされているテキストを専用ブラウザで読むという程度ですね。EPUBの作成はそれほど難しくないので、必ずしもInDesignでする必要はないのですが、InDesignユーザーにとっては、InDesignから簡単にEPUBが書き出せれば、コンテンツのマルチユースがし易くなるというメリットがあります。

 ただし、InDesignにある[Digital Editions 用に書き出し]すると、文字化けしたりするようなトラブルもあるようです。詳しくはInDesign CS4のユーザーガイド「Digital Editions 用のコンテンツの書き出し(eBook) 」のコメントを参照にしてください。InDesignの勉強部屋の森さんが、段落スタイルとCSSについて検証されています。なお、[Digital Editions 用に書き出し]はCS3からの機能ですが、CS4のほうが安定していそうです。

 おそらくInDesignでEPUBを書き出すには、専用にレイアウトした方がいいでしょう。既存のレイアウトを流用するのは無理があります。レイアウトを流用したいときは、PDFにするしかないでしょう。また、6ページくらいのテキストだけのドキュメントをEPUBにしたら、10MB位になってしまいました。やっばり埋め込みフォントのせいでしょうかねぇ(サブセットではないような感じ)。日本語フォントは埋め込めないと使えないとしたら、ファイルサイズもけっこう大きくなるかも。

 これからは電子書籍だけですませるコンテンツは増えていくでしょう。InDesignからEPUB書き出しのノウハウは必須になるかもしれません。ちなみに、iPhoneのStanzaにInDesignから書き出したEPUBを取り込もうとしましたが、エラーで読み込みませんでした。もうすこし検証するしかないようですな。

 

◆出版業界の新しいスキル!電子書籍のつくりかた【プロに学ぶ67WS通信】[    livedoorニュース]
http://news.livedoor.com/article/detail/4649498/

◆EPUB[Wikipedia]
http://ja.wikipedia.org/wiki/EPUB

◆Adobe Digital Editions 1.7.2
http://www.adobe.com/jp/products/digitaleditions/

◆iPhone の電子書籍リーダー Stanza[外部記憶]
http://masayuki.boo.jp/wp/archives/2009/01/_stanza.html

◆Digital Editions 用のコンテンツの書き出し(eBook)[InDesign CS4のユーザーガイド]
http://help.adobe.com/ja_JP/InDesign/6.0/WS032BF3B3-6DF2-4544-9017-3AD3160F6C65a.html



◆つづきはこちらから
 これで InDesignからEPUBを書き出してiPhoneで読めるぞ
http://dtp-s2.seesaa.net/article/153261602.html


◆これだけでできるInDesignからEPUBの電子書籍を作る方法
http://www.incunabula.co.jp/book/id_epub/


◆これだけでできるInDesignからPDFの電子書籍を作る方法
http://www.incunabula.co.jp/book/id_pdf/


◆InDesignからEPUBの電子書籍を作成する方法がiPhoneアプリになりました

InDesignからEPUBの電子書籍を作成する方法[iTunesプレビュー]

 ↓   ↓

http://bit.ly/hoLZHS



st07.gif


 

 


 


タグ:ePub

posted by 上高地 仁 at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | InDesignトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

電子書籍の規格(epub)と作り方
Excerpt: iPadの発表で日本でも注目されてきた電子書籍。いろいろなことをよく知らなかったのでちょっと調べてみました。...
Weblog: 香豆生活
Tracked: 2010-03-30 16:07





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。