Illustrator CS3、ダブルトーン画像はPSDで貼り込んでもOK?



 Photoshopで作成したダブルトーン画像はEPSで貼り込むのが基本だ。PSDで保存するとIllustratorに貼り込むことができない。しかし、Illustrator CS3以降はPSDでもダブルトーン画像を貼り込むことができるようになった。それでは、CS3以降はダブルトーンはPSDで貼り込んでも大丈夫だろうか。

  CS2にダブルトーン画像を貼り込むと、特色はスウォッチに反映される。ダブルトーンで作成したかけ合わせも特色の扱いになる。ダブルトーンのカラーの中で特色にならないものがある。それが

プロセスベタ

の指定である。「シアン100%」とか「マゼンタ100%」などである。これらのプロセスカラーのベタ指定は、Illustratorはプロセスカラーとして認識するのである。

 ダブルトーン画像で特色を扱う場合でも、プロセスカラーで代用することが多かった。特色2色で印刷する場合でも、シアンとマゼンタや墨版で指定して、使用したプロセス版のみを分版するのである。出力する側から言うと、プロセスで版を指定する方がトラブルが少なくてすむ。

 プロセスベタを指定したダブルトーンは、Illustratorに貼り込んだときそのままプロセスカラーとして認識される。だから実際の印刷は特色であっても、ダブルトーン画像にプロセスベタを指定し、Illustrator上でもプロセスカラーで指定することが可能だった。

100309-01.gif

    ↓

100309-02.gif
*Photoshop CS3で作成したダブルトーンのプロセスベタ。「シアン」と自動的にテキストが入力される。

 Illustrator CS3から、PSD形式でもダブルトーン画像を貼り込むことが可能になった。PSDのメリットは実画像を表示できることだ。CS以降はEPSでなくても、PhotoshopからPDF保存してもダブルトーン画像は貼り込める。しかし、Adobeは貼り込み画像にPhotoshop形式を推奨している。ダブルトーン画像のみをPSDではなく、EPSやPDFにするのは煩雑であり、CS3になってダブルトーン画像のPSD貼り込みに対応することになったのだ。これで、カラーもグレーもダブルトーンもPSDで貼り込めばよいことになる。

 ところが、PSDでのダブルトーン貼り込みには、落とし穴があった。Photoshopでプロセスベタのダブルトーンを貼り込むと、Illustrator上でプロセスカラーとして認識しないのである。特色のままスウォッチが生成されてしまう。PDFで保存しても、プロセスベタにはならず、特色のままになる。

100309-03.gif

*PSDは貼り込んだダブルトーン画像。「シアン」と「DIC 200」を指定したもの。「シアン」に特色のアイコンが付いている。

 CS3以降、ダブルトーンPSDには対応したが、プロセスベタには対応できなかった。これでは効果半減である。と思いきや、ダブルトーンのプロセスベタに対応してないわけではなかった。

 Photoshopのダブルトーンでプロセスベタを作成すると、自動的にインキ名が追加される。実はこの自動入力されるインキ名が非対応なのである。シアンベタだとインキ名は「シアン」とカタカナでインキ名が入力される。これを英文表記にして「Cyan」と書き換えると、プロセスベタのダブルトーンはIllustratorでも認識可能になるのだ。Adobeのサポートによると、これはIllustratorの「仕様」らしい。

100309-04.gif
*Photoshop CS2でもシアンベタのダブルトーンを作成すると「シアン」と自動入力された。CS4でも直っていないようだが、CS5では直るかも。

 なお、EPSのダブルトーン貼り込みでは、カタカナ表記でもプロセスカラーとして認識される。プロセスカラーとして認識させず特色にしたいときは、「Cyan」「シアン」ではなく、「C100」などの別の名前にすればよい。

◆ダブルトーンのプロセスカラーが特色で追加される(Illustrator/InDesign CS3-CS4)[Adobeサポート]
http://kb2.adobe.com/jp/cps/236/236096.html

 



posted by 上高地 仁 at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Illustratorトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143131955
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。