Illustrator CS3、プロファイル埋め込み画像は埋め込め!



 Illustrator CS3に貼り込む画像のフォーマットはどのようなものがいいのであろうか。CS/CS2と違って、EPS画像を貼り込んでも分割されてないが、実画像を表示したいときはPSDを貼り込むのが基本だろうか。PSDでなくてもTIFFでもかまわない。

  画像を貼り込むときにややこしいのは、やはりPSD画像にICCプロファイルを埋め込んであるときだろう。埋め込みプロファイルとIllustratorのカラー設定にある作業用スペースが一致しないときはそのまま貼り込まれるが、プロファイルが異なるときは、カラーマネージメントして貼り込むことができる。

100305-01.gif
*画像の埋め込みプロファイルとIllustratorの作業用スペース(あるいは割り当てたカラースペース)が異なる場合にこのアラートが表示される。

 カラーマネージメントして貼り込むには、まず、カラー設定の[プロファイルの不一致]で「開くときに確認」がチェックされていなければならない。そして、画像を貼り込むときの[埋め込まれたプロファイルの不一致」で

作業用スペースの代わりに埋め込みプロファイルを使用する

を選択すると、Illustratorに埋め込みプロファイルが反映される。これで埋め込みプロファイルでカラーマネージメントできると思いきや、一旦保存して再度Illustratorドキュメントを開くと、またまた[プロファイルの不一致]のアラートが表示されるのである。そのときに

埋め込まれたプロファイルを破棄(カラーマネージメントしない)

を選択すると、埋め込みプロファイルはキャンセルされるのである。したがって、画像の埋め込みプロファイルを生かしたままするためには、ドキュメントを開くためたびに[埋め込まれたプロファイルの不一致」で「作業用スペースの代わりに埋め込みプロファイルを使用する」を選択する必要がある。困ったことに、埋め込みプロファイルを保持した貼り込み画像の数だけ、このアラートは表示されるのである。

 ここで困ったことは「埋め込まれたプロファイルを破棄(カラーマネージメントしない)」した画像である。破棄しているにもかかわらず、Illustratorドキュメントを再度開くときにの[埋め込まれたプロファイルの不一致」で「作業用スペースの代わりに埋め込みプロファイルを使用する」を選択すると、埋め込みプロファイルが割り当てられるのだ。

 [埋め込まれたプロファイルの不一致」のアラートではファイル名はわからないので、保存時にプロファイルを破棄したのか使用したのかはわからない。つまり、埋め込みプロファイルのカラーを貼り込み時に、破棄と使用を使い分けることができないのである。使用するのであればすべて使用する。使用しないのであればすべて破棄するしかないのだ。

 例外は、PDFで保存することだ。PDFで「プレス品質」を選択してプロファイルを保持せず作業用カラースペースで書き出すと、みたままをPDFにできる。破棄と使用を使い分けてPDFにすることができる。ただし、Illustrator編集機能を保持してPDF保存したものを、Illustratorで開くと同じように[埋め込まれたプロファイルの不一致」のアラートがすべての埋め込み画像で表示されてしまう。

 結局こうなると、Illustratorでカラー設定に合わせて異なるプロファイルをカラーマネージメントして貼り込むには、プロファイルを使用して貼り込み、そのまま埋め込み画像にするしかない。画像を埋め込むとカラーマネージメントが確定するからである。ということは、あとからCMYKを変更するという使い方は難しい。すべての埋め込み画像は、プロファイルを使用して貼り込むことにしていれば可能だが、けっこう面倒そうだ。

 もう1つ面白い現象がある。というのは、ファイルメニューの[配置]で貼り込んだ場合と、画像ファイルをIllustratorにドラッグして貼り込んだときのアラートが異なるということである。

100305-02.gif
*「Japan Color 2002 Newspaper」を埋め込んだ画像を1つだけドラッグした。[ソース]が「複数」になっている。

 アラートは

プロファイルの不一致(ペースト)


という名前で、この場合、[ソース]のICCプロファイルを認識しないのである。1つの画像ファイルなのにプロファイル名を表記せず「複数」と表示するのである。もちろん

変換(カラーアピアランスを保持)

を選択すると、カラーマネージメントして貼り込まれる。もちろん貼り込んだ後は、配置メニューと同じ。要するとドラッグして貼り込むと、画像ペースとしたのと同じ扱いになるということだろう。プロファイルを確認するためには、埋め込み画像を貼り込むときはドラッグではなく、配置を使うべきだろう。

 


タグ:Illustrator CS3

posted by 上高地 仁 at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Illustratorトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142849113
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。