2010年03月02日

InDesign CS3のオブジェクトメニュー[効果]を整理する

 InDesign CS3以降でオブジェクトメニューの効果が大幅に強化された。メニューが多すぎて使いこなすのが難しいのが難点だろう。そこで「DTPオカジオネル」次回のInDesignの連載記事「これは便利! InDesign CS3おいしい機能をつまみ食い」で効果メニューの使い方を整理することにした。

  前回、効果メニューの[描画モードを分離]と[グループの抜き]の違いを取り上げたが、その理由はオブジェクトメニューの効果を調べていたからである。[描画モードを分離]も[グループの抜き]も普段は使わない機能なので、あまり興味がなかったが、オブジェクトを作成していろいろ試してみたのである。英語の説明を日本人向きに意訳するのはなかなか難しそうである。

 さて、InDesign CS3の効果メニューには9つのメニューが用意されている。共通しているオプション機能には

ノイズ
チョーク
スプレッド

がある。ノイズはドロップシャドウの影部分の階調をランダム化して、ノイズのように見せるものである。かけすぎは禁物だが、軽くかけるとけっこう効果的なオプションである。

 [スプレッド]と[チョーク]は基本的には同じものである。同じというのは、指定する対象が異なるだけで、効果としては同じなのである。簡単に言うと、オブジェクトの外側におかれた効果には「スプレッド」が使われ、オブジェクトの内側におかれた効果には「チョーク」が使われるのだ。

100302-01.gif


100302-02.gif


 つまり、外側に影を作成する[ドロップシャドウ]には「スプレッド」があり、オブジェクトの内側に影を作成する[シャドウ(内側)]には「チョーク」が置かれているのである。

 スプレッドとチョークというのは、トラッピングするときにも使用する言葉である。オブジェクトを太らせる場合に「スプレッドトラップ」といい、背面のオブジェクトを縮める場合に「チョークトラップ」という。スプレッドは広げることをいい、チョークには塞ぐという意味がある。

 [スプレッド]と[チョーク]はパーセントで指定する。パーセントを大きくすると、効果に適用された透明部分が小さくなっていく。「50%」では半分に、「100%」では透明が失われるのだ。[スプレッド]とか[チョーク]とは言わずに「透明の幅」といった方がわかりやすいかもしれない。

 こうした効果メニューの設定は実際に、オプションも含めて効果を適用した見本があれば、理解はたやすい。ヘルプでも見本のショットを並べておけば、テキストでの解説はほとんど不要ではないだろうか。

 


ラベル:InDesign CS3
posted by 上高地 仁 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesignトピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。