InDesign CS3、[描画モードを分離]と[グループの抜き]の違い



 InDesign CS3から効果メニューが大幅に拡張された。CS2では「ドロップシャドウ」と「境界をぼかす」しかなかったが、CS3ではシャドウ、光彩、ベベルとエンボス、サテン、方向性のぼかし、グラデーションのぼかしが追加されている。最初に透明の[基本描画モード]のウィンドウがあり、[描画モードを分離]と[グループの抜き]の設定もそこに置かれている。

  透明の[基本描画モード]は、それぞれの効果と完全に独立したパネルではない。たとえばドロップシャドウでは描画モードに「乗算」が指定されているので、[基本描画モード]で「スクリーン」を指定しても無視される。ドロップシャドウパネルの設定がイキになるのだ。しかし、[基本描画モード]で不透明度で指定すると、二重がけになる。[基本描画モード]で不透明度「80%」にして、ドロップシャドウを適用すると、さらに「75%」の不透明度が適用されて「60%」になるのだ。不透明度については、注意して使いたい。

 [基本描画モード]の設定で一番ややこしいのは

描画モードを分離
グループの抜き


の設定だろう。わかってしまえば、簡単な設定だが、バルーンでの説明文はほとんど意味不明ではないか。[描画モードを分離]ではどのように説明されているかというと、

グループを超えて描画モードが適用されることを防ぎます

とある。グループというのは、グループされたオブジェクトのこといい、[描画モードを分離]をチェックするとグループ化されていないオブジェクトへの描画モードの適用がキャンセルされる。

[描画モードを分離][グループの抜き]オフ
100301-01.gif
*グリーンのオブジェクトのみをダイレクト選択ツールで選択し、ドロップシャドウと不透明度を適用した。[描画モードを分離]と[グループの抜き]をオフにしていると、グループに関わりなく、描画モードと不透明度が適用される。左側の赤いオブジェクトがグループ化されたもの。左側がグループ化されていないもの。


[描画モードを分離]オン、[グループの抜き]オフ
100301-02.gif
*[描画モードを分離]をオンにすると、グループ外のオブジェクト上のドロップシャドウが乗算になっていないことがわかる。なお不透明度はそのまま適用されている。


 たとえばドロップシャドウを適用したオブジェクトの下に2つのオブジェクトがあるとする。1つはドロップシャドウオブジェクトとグループ化してある。[描画モードを分離]をオンすると、グループ化されていないオブジェクトには乗算は適用されない。ドロップシャドウの影は作成されるが、背面のオブジェクトは透過しないのである。ということはバルーンの説明では

グループ化されていないオブジェクトに描画モードを適用しません

と書いてくれるとわかりやすい思うのだがどうだろう。「グループを超えて」という言葉がすぐさま「グループ外のオブジェクト」だと理解するのは簡単ではないのではないか。ヘルプには「選択したオブジェクトグループにだけ描画モードを適用」と書かれていて、まだそちらの方がわかりやすい。

 [グループの抜き]は同様にバルーンの説明は意味不明ではないか。バルーンの説明には

グループ要素がお互いに表示されることを防ぎます

とあるが、「グループ要素がお互いに表示される」という言葉はいったいどこから出てきたのか、首をかしげたくなる。そのまま直訳か。それにしても、よくできた翻訳とは到底いえない。[グループの抜き]は[描画モードを分離]とは概ね反対の意味があり

グループ化されているオブジェクト同士で描画モードと不透明度を適用しません

という方がわかりやすい。[描画モードを分離]は描画モードのみだが、[グループの抜き]は描画モードと不透明度に対応する。要するに、グループ化したオブジェクトがあって、その中の1つのダイレクト選択ツールで選択してドロップシャドウを適用してたとき、[グループの抜き]をオンにしていると、同じグループ内オブジェクト同士では描画モードと不透明度をキャンセルするのである。

[描画モードを分離]オフ、[グループの抜き]オン
100301-03.gif
*同じグループでの不透明度がキャンセルされている。ただし、ドロップシャドウ部分の不透明度はそのまま適用されている。グループ外のオブジェクトの不透明度はキャンセルされないので、前面に配置されているように見える。

[描画モードを分離]オン、[グループの抜き]オン
100301-04.gif
*両方をオンにすると、グループ外オブジェクトにドロップシャドウの乗算が適用されなくなる。オブジェクトとドロップシャドウの影部分の不透明度のみが適用される。グループ内オブジェクトはオブジェクトの不透明度とドロップシャドウの乗算がキャンセルされている。


 要するに、特定のオブジェクトにのみ描画モードを適用したいときは、グループを使って[描画モードを分離]を指定する。特定のオブジェクトに不透明度を適用したいときは、[グループの抜き]をつかうのである。したがって、特定のオブジェクト同士のみで描画モードや不透明度を使い分けないのであれば、これらの機能は使うことはない

 ヘルプには、どのような状況のときに[描画モードを分離]と[グループの抜き]を使うのかという「目的」が欠落している。InDesignをもっと普及させたいのであれば、

なんのための機能か

という要素もヘルプでわかるようにするべきではないだろうか。

 




posted by 上高地 仁 at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesignトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。