Illustrator CS3、特色をLab値で変換する落とし穴



 Illustrator CS3のスウォッチパネルには、特色についてのオプションが追加されている。従来、特色をCMYK変換する方法は、特色が持っているCMYK値で変換していたが、CS3では特色のLab値を変換することができるようになった。つまり、特色もカラーマネージメントしてCMYKに変換可能なのだが、実は落とし穴があった。

  特色はスウォッチライブラリの[カラーブック]というメニューに用意されている。ここで特色をパネルとして呼び出して指定する。指定された特色はスウォッチに反映される。一般的にCMYKで印刷する場合、特色データはCMYKに分解して利用する。

 特色のCMYK変換は、特色に合わせたCMYK値が用意されていて、それでCMYKに変換する。CMYK値はアプリケーションが持っているはずで、Photoshopでもバージョンが異なると、同じ特色をCMYKに変換してもカラー値が異なっていることがある。

 しかし特色は実際には印刷したときの色であり、Lab値として表現することは可能だ。特色のカラーチップを測色すれば、特色のLab値を知ることは簡単である。CS2までは特色に対応したCMYKを持たせていたが、CS3ではCMYK値と合わせてLab値も持つようになった。それがスウォッチパネルのオプションにある[特色]というメニューである。

 [特色]を開くと、[特色オプション]というウィンドウが現れる。ここに

指定されたブックのLab値を使用

という設定があるのだ。この設定をオンにすると、特色にLab値を与えて、ターゲットのCMYKとカラーマネージメントしてCMYKに変換することができる。つまり、同じ特色でもターゲットのCMYK値が異なると、変換されるCMYK値が異なるのである。


スウォッチパネルから[特色...]を開く
100225-01.gif

      ↓

100225-02.gif
*[指定されたブックのLab値を使用]すると、特色がLab値でCMYKに変換可能だ。


 いままでIllustratorは[プロセスブックのCMYK値を使用]していた。そのため、ドキュメントのCMYKがJapan Color 2001 Coatedであっても、Japan Color 2002 Newspaperであっても、同じCMYK値になった。つまり、同じ特色をコート紙用Japan Color 2001 Coatedで変換した場合と、新聞用のJapan Color 2002 Newspaperで変換した場合では、CMYK値は同じなので実際の印刷色は同じものにならないのである

 しかし[指定されたブックのLab値を使用]を指定すると、ターゲットCMYKが異なるとカラーマネージメントしてCMYK変換されるため、CMYK値は異なるが見た目は、より特色に近い色に変換できるのである。CS2には用意されていないので、CS3からの機能である。

 コーポレートカラーやブランドカラーなどが特色で指定されているときは、この機能がおおいに役立つ。もちろん特色の版数の違いまで反映させることはできないが、コート紙と上質紙では印刷したときの見た目のカラーには大きな違いがあり、LabでカラーマネージメントしてCMYK変換した方がより近いカラーになるはずである。

 ところが少し困ったことがあるである。問題は特色をCMYKに変換するときに発生するのだ。特色の変換方法によって、正しいLab値で変換されないことがあるのである。


 ドキュメント内の特色をCMYKに変換する方法はいくつかあるが、一般的に使われている方法は次の2つだろう。

スウォッチオプションでプロセスカラーにする
[カラーの編集]でCMYKにする

 この2つの内で、スウォッチオプションでプロセスカラーに変換すると、Lab値にJapan Color 2001 Coatedのみを割り当てて変換するのである。ドキュメントにJapan Color 2002 Newspaperを割り当てても、Japan Color 2001 Coatedでの変換と同じ結果になるのだ。

 ところが、[カラー編集]にある[CMYKに変換]を使うと、ドキュメントCMYKを認識してカラー変換するのである。つまりCMYK変換の結果が、Japan Color 2001 CoatedのときとJapan Color 2002 Newspaperのときでは、数値が異なるのである。

100225-03.gif

 もっもと実際に印刷して確認したわけではない。しかしPhotoshopでもカラーライブラリで特色を指定し、カラーピッカーに変換するとき、カラー設定の作業用CMYKが異なるとCMYK値が異なり、Illustratorで試した結果とほぼ同じになる。Photoshopと同じように変換されるということは、Illustratorでも正しく特色がLab値で変換されていると考えてよいだろう。

 カラーマネージメントの仕組みが理解できていれば、Illustrator上の特色をCMYKに変換する場合は、[指定されたブックのLab値を使用]するほうがより適切なCMYK値に変換できるのである。


 


タグ:Illustrator CS3

posted by 上高地 仁 at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Illustratorトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。