Illustratorのパーツをマルチプルアートボードで作成しよう



 IllustratorからマルチページPDFを書き出すメリットは、InDesignを貼り込む場合にもあった。Illustrator CS4で作成した「シンボルカタログ」は、PDF書き出してInDesignに貼り込んだが、ノンブルはInDesignで追加した。ノンブルはInDesignで追加するほうが簡単なのと、通しでノンブルを挿入するにはInDesignで処理するしかないからである

  書籍の場合は定型レイアウトにテキストや図版を貼り込んでいくことが多いので、InDesignやQuarkXPressのマスターページは便利だ。しかしマスターページでデザイン処理する場合、あまり複雑なデザインは難しい。InDesignやQuarkXPressのデザイン表現力には限界がある。すこし凝ったデザインを行なうのであれば、Illustratorのほうが早いだろう。Illustratorでパーツを作成し、InDesignのマスターページに貼り込むことも少なくない

 雑誌のように見開き単位で紙面のレイアウトが変わっていくような場合、デザイン処理された部分は、たいていがIllustratorで作成した方が作成しやすい。もちろんInDesignもIllustratorと同等の描画機能を持つようになってきているが、操作性という点ではIllustratorに分があるのではないか。

 たとえばテキストの扱いなどはInDesignではどうにもならないものもある。テキストをアウトライン化して、複合パスやクリッピングマスクを多用すると、InDesignではとうていできそうもなかったり、できても予想外に手間のかかる場合もある。

 となると、デザイン処理された部分は、Illustrator CS4のマルチプルアートボードで作成してInDesignに貼り込むほうが早そうだ。本文などのテキスト部分をInDesignで作成するのである。

 この方法だとIllustratorで作成したデザイン部分は、多少ページ数があってもIllustratorの1ファイルで処理できる。いままであれば、Illustratorで作成する部分はその部分だけをファイル保存してInDesignに貼り込んでいた。その場合のデメリットは、ファイル数が多くなってややこしいということだ。直しがあると、貼り込みファイルを探さなければならない。もちろん今では探さなくても、InDesignからIllustratorを開くことができるが...。

 しかしIllustratorで1ファイルで作成しておけば、ファイルを見失うことはまずない。直しがあっても、とりあえず1ファイルにしたIllustrator CS4のファイルを開けばよい。Illustrator CS4で修正し、InDesignでPDFファイルをリンク更新すればよいのだ。

 Illustrator CS4から書き出したマルチページPDFのリンクは、InDesignに1ページ単位で作成して貼り込んでいくとわかりやすい。もちろんパーツ部分だけを貼り込んでいってもよい。すべてのパーツをIllustratorのマルチアートボードで作成し、マルチページのPDFとして書き出すのである。パーツのページ数がわかっていれば、マルチページPDF内のページを指定し、「アート」で貼り込むとオブジェクトの境界線で貼り込むことができる。

 Illustrator CS4のマルチプルアートボードは、スウォッチやグラフィックスタイルなどを共通化するだけでなく、複数の貼り込みファイルをバインドし、1ファイルにしておくために使うこともできそうだ。1ファイルにしておけば、データを紛失して探し回ることはない。

 「シンボルカタログ」をInDesignに貼り込んでいて思ったのは、マルチプルアートボードのメリットは、Illustratorでマルチページを作成するだけではないということだった。複数のIllustratorファイルを、1つのIllustratorドキュメントにバインドできるというメリットもあったのだ。

 ただし、Illustratorから書き出したPDFをInDesignに貼り込んで、コンテキストメニューから[オブジェクトを編集]すると、IllustratorではなくAcrobatが開いてしまう。できれば、PDF保存時に[Illustrator編集機能を保持]していれば、Illustrator CS4で開いて編集できるようにして欲しいものである。



■IllustratorPDF面付け日誌

●1●IllustratorだけでPDFを手軽に面付けするには
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134311965.html

●2●Illustrator CS4でするPDFマルチ面付けにはどんなものがある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134409585.html

●3●Illustrator面付けのメリットはプリンタの面付け出力に意味がある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134502606.html

●4●ダミーPDFを面付けテンプレートに貼り込む方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/135063501.html

●5●Illustratorでの面付けはドキュメントをテンプレート化する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/139989473.html

●6●IllustratorでもInDesignのようにマルチページでプレビュー表示する方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140120439.html

●7●面付けテンプレートの種類、中綴じと無線綴じ
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140595778.html

●8●大台紙のアタリトンボはトリムマークのアピアランスを分割する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140656294.html


 


タグ:Illustrator CS4

posted by 上高地 仁 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | IllustratorPDF面付け日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。