Illustrator CS4シンボルカタログを作成する



 前回のDTPオカジオネルで「グラフィックスタイルカタログ」を作成したので、今回もIllustratorのパネルからカタログ化して印刷して便利そうなライブラリの一覧を作成することにした。といっても、「ブラシ」か「シンボル」くらいしかない。ブラシは大変そうなので、今回はシンボルのライブラリカタログ作成することにした。ただし、CS3とCS4の両方を扱うとボリュームが多くなりすぎるので、CS4だけにした。

  シンボルのカタログは必要だろうか。全部ドキュメントに貼り込んでみたが、確かに「使わないだろうな」と思うものもけっこうあった。しかし逆に便利そうなものも結構あった。ボタンやアイコンの類はけっこう使えそうだろう。そのまま使わなくても、分割・拡張して修正してから使うこともできる。

100215-02.gif
*シンボルライブラリはなんと30もある。登録してあるシンボルの少ないものもあるので、2つのライブラリで1ページにレイアウトしたものもあった。

 「グラフィックスタイルカタログ」はIllustratorで作成してInDesignに貼り込んだ。前回はマルチプルアートボード機能を利用しなかったので、見開き単位でドキュメントを作成してファイル保存したのである。今回は、すべてのページをIllustrator CS4のマルチプルアートボードで作成することにした。

 そう「作成することにした」のである。本当のことを言うと、やっぱり無理があった。「シンボルカタログ」は最終的にカタログ部分が24ページあり、16ページ作成したところで、同じドキュメント内で作成するのを止めて、別のファイルに続きを作成することにしたのである。PDF保存してからバインドすればよい。

100215-01.gif

*最初の12ページ分のレイアウト。すべてIllustrator CS4で作成している。1ページに1つのアートボードを割り当ててレイアウトした。書き出しは1ページ単位でPDF書き出しして、InDesignに貼り込む。

 理由は、ファイル保存が異様に長くかかるためである。最後の方はトイレから戻っても保存が完了できていないようになった。Illustratorの場合、まめに保存しておかないと、あとで頭を抱えることになる。1ファイルにこだわり続けると、泣きをみそうである。

 1ページに少なくとも30のシンボルを貼り込んでいる。16ページもあると、少なくとも500個のシンボルをIllustratorのドキュメントに貼り込んであるわけだ。シンボルの中には効果をふんだんに使用したものもあるので、ファイル保存に時間がかかるのは仕方がない。マルチプルアートボードを使ったからではない(と思う)。

 Illustratorでマルチページを使うデメリットは、やはりマスターページがないことだろう。したがって、マスターページ部分として使いたいようなオブジェクトは別にレイヤーに作成しておき、あとは同じレイヤーにコピーして使うしかない。変更しないオブジェクトであれば、コピーしてからレイヤーをロックしておけばよい(ここではオレンジのヘッダとフッタ部分が共通のオブジェクトになる)。

 今回はA5サイズで作成したのでA5のアートボードを2つ並べ(296 mm)、2つのアートボードを「400 mm」離して配置した。縦方向は「210 mm」なので、「300 mm」離してアートボードを配置してある。そうすると、見開き単位でオブジェクトをコピーする場合は、水平方向に「400 mm」移動コピーし、垂直方向に「300 mm」コピーすればよい。

 マスターページ部分を一括して変更するには、ベースの見開き以外のオブジェクトをすべて削除し、オブジェクトを編集もしくは修正して、まとめてコピーすればよい。水平方向に一回コピーして、垂直方向にも一回コピーする。あとはcommand+Dで変形の繰り返しを行うだけである。


■IllustratorPDF面付け日誌

●1●IllustratorだけでPDFを手軽に面付けするには
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134311965.html

●2●Illustrator CS4でするPDFマルチ面付けにはどんなものがある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134409585.html

●3●Illustrator面付けのメリットはプリンタの面付け出力に意味がある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134502606.html

●4●ダミーPDFを面付けテンプレートに貼り込む方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/135063501.html

●5●Illustratorでの面付けはドキュメントをテンプレート化する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/139989473.html

●6●IllustratorでもInDesignのようにマルチページでプレビュー表示する方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140120439.html

●7●面付けテンプレートの種類、中綴じと無線綴じ
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140595778.html

●8●大台紙のアタリトンボはトリムマークのアピアランスを分割する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140656294.html


 



タグ:Illustrator CS4

posted by 上高地 仁 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IllustratorPDF面付け日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。