大台紙のアタリトンボはトリムマークのアピアランスを分割する



 Illustratorで面付けの大台紙を作成するとき、注意したいことにトンボがあります。大台紙のトンボをどのように作成すれば使いやすいのか、ということです。CS4からはトリムマークの作成方法が変わっていますので、注意したいところです。

 
 大台紙の作成ではドブをどのように設定するのかということが作成時のポイントになります。A4サイズをA3ノビ用プリンタからの出力する場合では、ドブは必要ありませんが、菊半裁や菊全判ではドブ幅を指定する必要があるからです。

 ドブ幅がある場合、大台紙にはアタリトンボが必要になります。大台紙に貼り込んだ各ページの仕上がりサイズでトンボを付けて、さらに、ドブと仕上がりサイズの境界線にもアタリトンボを追加します。折り加工したときや、製本の断裁時に必要となります。

 アタリトンボが必要になるときは、トンボをPDF書き出し時に追加することはできません。PDF書き出し時に追加されるトンボは、センタートンボとコーナートンボだけであり、アタリトンボなどをカスタマイズすることはできません。そのため、面付け台紙はトンボを含んだ大きさにし、Illustrator上でトンボを作成する必要があります。

 ドブを含む大台紙にトンボを追加するには、ドブ幅を含んだサイズでの矩形ボックスを作成する必要があります。菊半裁でA4縦置きの4つ折り面付けでは、横方向は「210+210 mm=420 mm」ですが、縦方向では

297+297+6(ドブ)=600 mm

となります。菊全版でA4縦置きの8つ折り面付けでは、縦横両方にドブを追加した大きさの矩形ボックスに対してトンボを作成します。

100209-01.gif
*アートボードのセンターに矩形ボックスを配置するには、アートボードのセンター座標と、オブジェクトセンター座標ほ一致させます。

 CS4ではオブジェクトのトリムマークをダイレクトに作成することはできません。トンボを作成するにはまず、効果メニューから[トリムマーク]を作成します。ただし効果の[トリムマーク]は決まった位置にトリムマークを作成するだけで、アタリトンボをカスタマイズして生成する機能はありません。

100209-02.gif

  ↓

100209-03.gif
*効果メニューのトリムマークはオブジェクトではありません。選択した矩形ボックスのアピアランスの1つです。


 アタリトンボを作成するときは、トリムマーク効果を含んだオブジェクトを選択して、オブジェクトメニューから[アピアランスの分割]を指定する必要があります。オブジェクト化したトリムマークをダイレクト選択ツールで選択して、仕上がりサイズ分だけコピーすると、アタリトンボが簡単に作成できます。

100209-04.gif
  ↓
100209-05.gif
*仕上がりとドブの境界線のアタリトンボは、アピアランスを分割してオブジェクト化されたトリムマークの一部を選択して、複製コピーすると簡単に作成できます。

 通常、ドブ幅は「3+3=6 mm」を指定すればいいのですが、必ずしもそうでない場合もあります。たとえば、枚葉の両面機ではセンターにローラーが走るので、菊全の縦方向のドブが「12 mm」程度必要になることもあります。そうなると、テンプレートをカスタマイズしなければなりません。

 面付けテンプレートにトンボを作成する場合、ドブを含んだ矩形ボックスをコピーして元に位置に残しておきます。矩形ボックスが残っていれば、面付けテンプレートをカスタマイズし易くなります。



■IllustratorPDF面付け日誌

●1●IllustratorだけでPDFを手軽に面付けするには
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134311965.html

●2●Illustrator CS4でするPDFマルチ面付けにはどんなものがある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134409585.html

●3●Illustrator面付けのメリットはプリンタの面付け出力に意味がある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134502606.html

●4●ダミーPDFを面付けテンプレートに貼り込む方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/135063501.html

●5●Illustratorでの面付けはドキュメントをテンプレート化する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/139989473.html

●6●IllustratorでもInDesignのようにマルチページでプレビュー表示する方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140120439.html

●7●面付けテンプレートの種類、中綴じと無線綴じ
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140595778.html

●8●大台紙のアタリトンボはトリムマークのアピアランスを分割する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140656294.html


 


タグ:Illustrator CS4

posted by 上高地 仁 at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | IllustratorPDF面付け日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。