面付けテンプレートの種類、中綴じと無線綴じ



 面付けのテンプレートを作成するとき、テンプレートの種類をいろいろと分類する必要がある。中綴じにするか無線綴じ平綴じにするという製本方法が変わるとテンプレートの種類も変わるし、印刷機の大きさによっても面付けの種類は異なるからだ。

  たとえば仕上がりがA4サイズの場合は、A3ノビのプリンタから出力する場合、

プリンタ用
軽オフセット・オフセットの菊四裁の印刷用


がある。プリンタ用出力では中綴じで出力できればよい。しかしプリンタ出力を印刷版として使うケースのものある。その場合は、中綴じの場合と、無線綴じの両方の面付けテンプレートが必要になる。

 中綴じの面付けは4ページ単位で別々に作成するしかない。つまり、8ページの中綴じと12ページの中綴じは共用できない。無線綴じでは、8ページと12ページは共用できる。12ページのテンプレートがあれば、最後の4ページを削除すれば8ページのテンプレートになる。

 4ページ単位でプリンタ出力できる場合の面付けはそれでもいいが、中綴じを菊全版や菊半裁判に割り付ける場合は、やっかいだ。たとえば

A4で28ページ

の場合である。A4で28ページある場合は、

4ページ+8ページ+16ページ

に分割して印刷することになる。最初の4ページには1ページと28ページ、その裏には2ページと27ページを付けることになる。次の8ページには3〜6ページと23〜26ページを割り当てるのである。

 やっかいなのは、ページ割りだけではない。A4サイズを菊全版で印刷するとちょうど16ページになるが、8ページの印刷台もやはり同じ印刷機で印刷するのが基本だ。そうすると、菊全版に8ページ折りを丁付け合わせる必要がある。多面付けである。そういうテンプレートが必要になるのだ。同じように、4ページは菊全版に同じ物を4丁付け合わせるテンプレートが必要になるのである。

 しかしA4サイズで28ページの中綴じでは、必ずも菊全版だけとは限らない。印刷部数が少なければ、菊全版ではなく菊半裁判で印刷することもある。印刷部数とは関係なく、社内の印刷機が菊半裁であればそれで印刷することも少なくない。その場合は、

4ページ+8ページ+8ページ+8ページ

となる。この場合は、菊半裁判に4ページ折りを2丁付け合わせるテンプレートが必要だ。

四つ折り・8ページのテンプレート
100208-01.gif

二つ折り・4ページを2丁付けするテンプレート
100208-02.gif
*12ページの中綴じを菊半裁で印刷する場合は、8ページ台と4ページ台のPDFを別々に用意して、それぞれを面付けテンプレートに割り付けると、中綴じの面付け可能。四つ折りの面付けには、3ページ目から14ページ目を面付けする。


 このテンプレートはIllustratorだけで面付けすることを目指しているが、残念ながら、28ページ中綴じ製本で菊全版や菊半裁判のテンプレートを作成するのはけっこう面倒かもしれないと思い始めてしまった。というのは、28ページで書き出しても、Acrobatがあれば、真ん中のページだけを取り出すことが可能。真ん中ページのPDFが用意できれば、16ページや8ページで面付けすればいいからだ。

 というわけでここが思案のしどころ。どうすればもっとも使いやすいのかを考えていくしかなそさうだ。はてさて、Illustratorで特定のページだけを指定して書き出す方法はあるだろうか。



■IllustratorPDF面付け日誌

●1●IllustratorだけでPDFを手軽に面付けするには
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134311965.html

●2●Illustrator CS4でするPDFマルチ面付けにはどんなものがある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134409585.html

●3●Illustrator面付けのメリットはプリンタの面付け出力に意味がある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134502606.html

●4●ダミーPDFを面付けテンプレートに貼り込む方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/135063501.html

●5●Illustratorでの面付けはドキュメントをテンプレート化する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/139989473.html

●6●IllustratorでもInDesignのようにマルチページでプレビュー表示する方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140120439.html

●7●面付けテンプレートの種類、中綴じと無線綴じ
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140595778.html

●8●大台紙のアタリトンボはトリムマークのアピアランスを分割する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140656294.html


 



posted by 上高地 仁 at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | IllustratorPDF面付け日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。