IllustratorでもInDesignのようにマルチページでプレビュー表示する方法



 InDesignはもともとマルチページ対応のレイアウトソフトなので、ページものをレイアウトしやすいように設計されている。ページ番号は自動で生成できるし、共通するオブジェクトはマスターページ上に配置しておけばよい。Illustratorでマルチページのドキュメントテンプレートを作成しても、そういう使い勝手を享受することはできない。

  とはいっても、Illustrator使いがInDesignにを使いこなせるのかというと、必ずしもそうではない。自動ページ番号を使うのも簡単ではない。マスターページ上に自動ページ番号を配置しておくと、そのマスターを利用したページにはページ番号が自動で振られるが、自動番号を挿入するには書式メニューの[特殊文字の挿入]で[マーカー]で指定する必要がある。

 すべてのページにノンブルを追加して、自動的にページを表示させるようにするには、すべてのページに[マーカー]の[現在のページ番号]のテキストが配置されるようにしなければならない。[現在のページ番号]は極めて便利な機能だが、仕上がり結果を頭の中で想定して使わなければならず、手軽に使えるものではない。


100203-01.gif
*複数のマスターページに同じページ番号を追加する場合は、それぞれのマスターページを親のマスターページから作成しておく。親のマスターページに自動ページ番号を作成し置けばよいが、マスターページの構造を頭の片隅に置いて作業しなければならず、慣れるには時間が必要だろう。


 またマスターページ上のオブジェクトを編集する場合、Macintoshではshift+commandでページ上のオブジェクトをクリックする必要があるが、毎日のようにInDesignを使っていればともかく、たまにしか使わないのであれば、忘れてしまいそうな機能だろう。

 Illustratorユーザーの大半は、毎日Illustratorでレイアウトしているわけではない。InDesignのように多くの機能を覚えなければ使いこなせないとなると、直感的にIllustratorを使用しているユーザーにとっては、InDesignのハードルは決して低くないのてはないか。ノンブルも[現在のページ番号]の便利だし、間違いもないが、一つ一つ手動で入力したほうが、早い場合もあるだろう。

 Illustratorでマルチページのドキュメントテンプレートを作成する場合は、ノンブルは自動で挿入するしかない。それぞれのページ番号は

アートボード番号

で確認することができる。アートボード番号がPDF書き出し時のページ番号になるからである。ただしアートボード番号をいちいち確認しながらでは面倒であれば、ドキュメントテンプレートにページ番号を追加すればよい。裁ち落としの外に配置しておけば、仕上がりに反映されることはない。

 また、InDesignに便利な機能に[プレビュー]機能がある。ツールパネルで[プレビュー]モードを選択すると、仕上がりサイズで表示し、すべてのガイドとグリッドを非表示にすることができるのだ。

 この機能もIllustratorにはないが、ドキュメントテンプレートを作成するのであれば、同じように仕上がりサイズのみを表示させることができる。といっても単に仕上がりサイズのみを表示させる複合パスを作成しておくだけ。レイヤーの最上位においておけばよい。レイヤーの表示非表示をオンオフにするだけで、仕上がりサイズで表示可能だ。

100203-02.gif

   ↓

100203-03.gif
*仕上がりサイズの確認は、ページ物でなくて欲しいところ。Illustratorでも標準で仕上がりサイズプレビューが用意されいないのかは、理解に苦しむところ。AdobeはIllustratorを印刷用のレイアウトソフトだと考えていないに違いない。

 ただし、ガイドを同時に非表示することはできないので、これについては表示メニューの[ガイド]で[ガイドを隠す]を選択するしかない。ガイドを隠すと、裁ち落としを示す赤いガイドも非表示になる。

 Illustratorではこうしてドキュメントテンプレートを先に作成していれば、ページものも作成しやすくなる。InDesignの多くの機能を覚えなくても、Illustratorが使えれば、ページもののドキュメントを簡単に作成できそうだ。



■IllustratorPDF面付け日誌

●1●IllustratorだけでPDFを手軽に面付けするには
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134311965.html

●2●Illustrator CS4でするPDFマルチ面付けにはどんなものがある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134409585.html

●3●Illustrator面付けのメリットはプリンタの面付け出力に意味がある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134502606.html

●4●ダミーPDFを面付けテンプレートに貼り込む方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/135063501.html

●5●Illustratorでの面付けはドキュメントをテンプレート化する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/139989473.html

●6●IllustratorでもInDesignのようにマルチページでプレビュー表示する方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140120439.html

●7●面付けテンプレートの種類、中綴じと無線綴じ
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140595778.html

●8●大台紙のアタリトンボはトリムマークのアピアランスを分割する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140656294.html


 
 



posted by 上高地 仁 at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | IllustratorPDF面付け日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。