Illustratorでの面付けはドキュメントをテンプレート化する



 Illustratorで作成したドキュメントをIllustrator CS4で面付けするポイントは、実は面付けドキュメントではなく、レイアウトするドキュメントにポイントがあった。面付けを前提としたドキュメントのテンプレートを先に用意しておけばいいのである。

  Illustrator CS4のマルチプルアートボードを使ってマルチページのドキュメントを作成する場合、レイアウトしやすいアートボードを作成しておくのである。アートボードは[新規ドキュメント]で自動生成すると、同じサイズのアートボードを複数個いっきに作成できる。

 アートボードは最大で100個、つまり100ページまでを作成できる。もっとも100ページをIllustratorにレイアウトしたとき、スクロールなどの体感速度にどのくらい影響するのかはわからないが、ページ数を多くする場合は、高速のCPUを使い、メモリを多くすることで対応できるだろう。

 またもう一点、確認したいことは、Illustrator CS4のアートボードサイズは最大で

5779.55 mm

ということである。この大きさの正方形内にすべてのアートボードをレイアウトする必要がある。しかし、アートボードを選択して移動すると、最大ドキュメントエリアの外にアートボードを移動することが可能だ。ただし、アートボードツールを選択して、アートボードの座標値を変更したとき、この大きさの外にアートボードがはみ出すとアラートが表示されてしまう。最大エリアの外は保証外かもしれない。

100201-01.gif

   ↓

100201-02.gif

 Illustrator CS4でページものを作成するときのポイントは

仕上がりサイズのアートボードを隣接してレイアウト

することだ。つまりアートボードを2つ並べて見通し、つまりスプレッドにするのである。A4が仕上がりサイズであれば、A4のアートボードを2つ並べるのである。そうすると、見開きのままレイアウトし、書き出すときは単ページのまま書き出すことができる。

100201-03.gif
*表紙のアートボードの隣に、裏表紙のアートボードを隣接して配置する。これで見通しでレイアウトしても、ページ単位で書き出すことができる。

 最初のページと最後のページを見通しで並べておき、それ以外のページは順送りでアートボードを割り付けていくのである。レイアウト時にはInDesignと同じようにページ順で並べておくのである。

 一般にIllustratorでページものを作成するとき、やっかいなのは見開きのままドキュメントを作成していることである。見開きのままドキュメントを入稿しても、面付けするために一度ドキュメントを開いて、面付けできるように作り直す必要がある。しかし、最初から2つのアートボードを並べたドキュメントにレイアウトすれば、書き出し時にアートボード番号を指定すれば、

見開きで作成していても単ページ

で書き出すことができるのだ。PDFでなくもEPSであって、アートボード単位で別々のページ、もしくは別々のファイルにすることができる。

 つまりそういうテンプレートを先に用意して、それを使ってレイアウトするか、あるいはレイアウトしたものをそこに貼り込んでいければいい。そうすれば、Illustratorでのページものを作成しても、ハードルは極めて低くなるはずてある。

 PDF書き出し用のドキュメントテンプレートを作成するとき面倒なのは、アートボードをオブジェクトを移動させるように移動することができないということである。アートボードの移動は、アートボードツールでアートボードを選択して1つ1つ移動させなければならない。正確な位置に移動する場合は、コントロールパネルのあるアートボードの座標値を使うしかない。

 アートボード数が多いとすこし面倒である。次のバージョンではアートボードツールを選択しているときは、複数のアートボードを選択して移動できるようにして欲しいものである。ちなみにアートボード内のオブジェクトは、アートボードと一緒に移動するようにも、移動しないようにも可能だ。

 Illustrator CS4のマルチプルアートボード機能でマルチPDFを作成するには、見開きのテンプレートとを先に作成しておき、それにレイアウトすればよい。Illustratorユーザーは、InDesignやQuarkXPressを使わなくても、Illustratorの使い勝手のままでページものが作成できるのである。



■IllustratorPDF面付け日誌

●1●IllustratorだけでPDFを手軽に面付けするには
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134311965.html

●2●Illustrator CS4でするPDFマルチ面付けにはどんなものがある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134409585.html

●3●Illustrator面付けのメリットはプリンタの面付け出力に意味がある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134502606.html

●4●ダミーPDFを面付けテンプレートに貼り込む方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/135063501.html

●5●Illustratorでの面付けはドキュメントをテンプレート化する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/139989473.html

●6●IllustratorでもInDesignのようにマルチページでプレビュー表示する方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140120439.html

●7●面付けテンプレートの種類、中綴じと無線綴じ
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140595778.html

●8●大台紙のアタリトンボはトリムマークのアピアランスを分割する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140656294.html


 
 



posted by 上高地 仁 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | IllustratorPDF面付け日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。