DTPはMac OS X、CS3/4に移行したのか:アンケートに見る日本のDTPの現場



 Mac Fan 2010年1月号にマイコミのWebサイトで受け付けていた「DTP環境アンケート」の集計結果が掲載されていました。今回は表紙にちゃんと記事タイトルが記載されていました。アンケート集計を見ると、DTPでのMac OS X化が本格的になってきたことが読み取れます。

 091210-01.jpg アンケートを見ていくと、アプリケーションのバージョンはCS3がダントツです。IllustratorではCS3をメインで使用しているユーザーは

2007年  9%
2008年 24%
2009年 41%

になっています。対して長らくスタンダードバージョンだった8.0をメインで使用しているユーザーは

2009年  9%

にまでダウン。CS以降のシェアを合計すると82%のシェアになっていて、Creative Suiteバージョンへの移行が明確になってきました。もちろん、実際のデータ入稿ではまだまだレガシーバージョンは使われるでしょう。しかし、Illustrator 10以前で作成されたデータがロングテールになることは確実のようです。

 InDesignも同じようにCS3がトップで

2007年  7%
2008年 20%
2009年 36%


となっています。Mac Fanの記事では、CS3がメインバージョンになっている理由をIllustrator CS3では

旧バージョンからのファイルの読み込み時のテキスト互換性が向上

を上げていますが、CS3がメインになっている理由のもっとも大きなものはCreative Suite3のリリース時に

アップグレードポリシーを変更

したことが大きいでしょう。Creative Suite3のときにPhotoshop 7.0、Illustrator 10、InDesign 2.0からでもアップグレード可能であり、古いバージョンを使い続けることができないユーザーはCS3でやっと重い腰をあげたのではないでしょうか。

 CS4のリリース前にCS3を導入したユーザーが多かったと聞きますから、アプリケーションの新機能で新バージョンにシフトしたというより、アップグレードポリシーが変更されたことでお尻に火がついて導入に至ったという動機の方が大きいと思いますね。

 また、CS3からはロゼッタに依存しないバージョンになったことも大きな要因でしょう。Web系などの紙媒体以外も扱う場合、旧バージョンでは対応できないという理由もあるでしょう。

 メインバージョンがCreative Suite3の移行したことで、OS環境もMac OS X一色になってきています。

Mac OS X 10.4 25%
Mac OS X 10.5 42%
Mac OS X 10.6 14%


10月の時点ですでにSnow Leopardを使っているユーザーが14%というのは、少し信じがたい結果です。10.6が安くなったこともあるかもしれません。Creative Suiteバージョン(CS3以降)を使うようになって、OSのバージョンにあまり縛られないようになってきたということがあるのでしょう。

 メインOSもMac OS Xが独占しつつあります。Windows環境ではXPのユーザーが7%でそれ以外はすべてMac OS。9.2.2以下も同じく7%で、それを除くとすべてMac OS X環境になっています。また、インテルMacをメインとするユーザーは

56%

になっています。G5はたったの19%。DTPユーザーの総数はおそらく少なくなったに違いありませんが、DTP環境は最新のものを使うユーザーが増えてきているようですね。

 記事内の「DTPのインテル化は進んでいるか?」というトピックに

アドビ製品は同一端末内であろうと
異なるプラットフォームでは2ライセンスが必要


と書かれています(Mac Fan 2010年1月号:64P)。同感ですね。Mac OS Xの廉価になったし、世の中でデフレだし、Adobeも抱き合わせ販売で安くするSuite以外で、手頃な販売価格を模索する必要はあるでしょうね。そういう意味では、同一端末であれば、異なるプラットフォームで2ライセンスというのは、新機能を追加するより、いい「ウリ」になるかもしれません。




◆Mac Fan (マックファン) 2010年 01月号 [雑誌]
www.amazon.co.jp/

◆Mac Fan、2009年版DTP環境アンケートを実施 - 回答者にはプレゼントも
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/09/29/075/?rt=na







posted by 上高地 仁 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。