ダミーPDFを面付けテンプレートに貼り込む方法



 IllustratorでPDF面付けの台紙を作成する場合、アートボードに大台紙トンボを作成し、ダミーのPDFを貼り込んでいきます。ページものの面付けの基本は2ページ分です。A3ノビでIllustrator CS4に面付けするときの方法を取り上げます。

  PDF面付けのテンプレートを作成するとき、ダミーのPDFを仮に貼り込みます。ダミーPDFを貼り込んで、折り丁にあわせてテンプレートを作成していきます。Illustrator CS4では、面付け台紙にあわせてアートボードを作成することになります。

 面付けサイズがA3ノビの場合は

328×453 mm

くらいになります。レーザープリンタからのA3ノビ出力では「328×453 mm」ですが、インクジェット用紙のA3ノビはさらに大きくて「329×483 mm」程度です。インクジェット用紙で面付け出力することはまずない(校正紙は別として)ので、レーザープリンタのA3ノビ用紙を想定しておく方が現実的です。

091208-01.gif
*A3ノビのプリンタから両面プリントして出力する場合は、新規ドキュメントの用紙の幅と高さに用紙サイズを入力します。面付けする台紙の数でアートボード数が決まります。


 A3ノビとオフセット印刷の菊四裁は基本的に同じサイズですが、菊四裁の場合は多少異なり

318×467 mm

くらいになります。出力するサイズを大きくすることは、PDF書き出し時に大きくしたい分だけ、裁ち落としを設定すればいいので対応できますが、逆に小さくすることはできません。オフセット用に出力する場合は、PDF保存してからAcrobatでトリミングするしかなさそうです。

 A4サイズをA3ノビに面付けレイアウトする場合、A4を2面付けすることになります。これがページものの面付けの基本単位です。面付けテンプレートを作成する場合、まず大台紙のトンボを作成し、アートボードのセンターに配置します。A4サイズを2面付けする場合は、A4のボックスを平行に並べて配置してトリムマークを作成します。

091208-02.gif
*仕上がりサイズでトリムマークを作成します。アタリトンボ等を追加する場合は、トンボを分割拡張します。そうすると、Illustrator CS3までと同じように扱うことができます。

 次に折り丁にあわせてPDFを貼り込みます。PDFを貼り込むときは、配置メニューから貼り込むとページ番号を指定できます。ページ番号を指定して貼り込み、A4のボックスにセンターが重なるようにして貼り込みます。背側の塗り足しは不要なので、三方の裁ち落としのみを反映した矩形ボックスを作成します。A4だと

213×303 mm

になります。天地と小口側の裁ち落としを反映して、貼り込んだPDFをマスクします。折り丁にあわせてPDFを貼り込んでマスク処理していくと、面付けが完成します。

091208-03.gif
*マスクオブジェクトを作成してPDFをクリッピングします。

 ダミーPDFは、Illustratorで作成するよりInDesignで作成するほうが簡単です。というのは、InDesignはページ番号を自動的に作成できますがIllustratorではそうはいきません。面付けする場合、ダミーPDFにページ番号を表示させておきます。そうすると面付けの確認が簡単になります。縮小サイズで両面プリントすると、ダミーPDFのページ番号で面付けのチェックが確認できます。



■IllustratorPDF面付け日誌

●1●IllustratorだけでPDFを手軽に面付けするには
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134311965.html

●2●Illustrator CS4でするPDFマルチ面付けにはどんなものがある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134409585.html

●3●Illustrator面付けのメリットはプリンタの面付け出力に意味がある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134502606.html

●4●ダミーPDFを面付けテンプレートに貼り込む方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/135063501.html

●5●Illustratorでの面付けはドキュメントをテンプレート化する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/139989473.html

●6●IllustratorでもInDesignのようにマルチページでプレビュー表示する方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140120439.html

●7●面付けテンプレートの種類、中綴じと無線綴じ
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140595778.html

●8●大台紙のアタリトンボはトリムマークのアピアランスを分割する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140656294.html


 



posted by 上高地 仁 at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | IllustratorPDF面付け日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。