Illustrator面付けのメリットはプリンタの面付け出力に意味がある



 Illustratorで面付けするメリットはなんといってもプリンタから面付けして出力できることにあります。プリンタから軽オフセットの無線綴じ用に出力したり、中綴じ用に出力することが可能です。さらに、プリンタ出力をそのまま製本すれば、完成見本だけでなく、「製品」にすることもできます。

  Illustratorのドキュメントを面付けして出力する必要が本当にあるのでしょうか。面付けはドキュメント作成者するものではなく、出力会社側・印刷会社側で行えばいいからです。Illustratorのデータでも、フォントがアウトライン化してあれば、もう一度Illustratorで開いてデータを加工し、面付けしやすい形式にすることができます。

 見開きで作成されたドキュメントでも、Illustrator EPSでもIllustrator PDFでもInDesignに貼り込んで配置すれば印刷機用の面付けはそれほど難しくありません。多少手間がかかりますが、高価な面付けソフトがなくても可能です。

 InDesignを面付けソフトして使うだけであれば、確かにIllustratorは不要です。Creative Suiteのパッケージを持っていれば、たいてい両方が含まれています。もっとも中にはIllustratorはあっても、InDesignの含まれていないCreative Suiteもあります。そういう場合は、Illustratorを使うしかないでしょう。

 たとえInDesignを持っていても、IllustratorからInDesignにシフトするのは大きな壁があります。似たようなコマンドが並んでいますが、全く同じではありません。たとえば、Illustratorには配置コマンドのショートカットが設定されていません。InDesignでは「command+D」ですね。QuarkXPressと同じです。

 Illustratorの「command+D」は、変形の繰り返しコマンドなので、キーボードショートカットで「command+D」を割り当てるのはためらいがあります。オブジェクトを移動コピーして、同じ移動コピーを重ねるときに便利な機能です。

 それでは「shift+command+D」にしようと思っても、それは別のコマンドが割り当てられています。透明グリッドの表示コマンドです。こちらの方はあまり使わないので、差し替えてもいいかもしれません。ということで、今は「command+F4」を割り当てています。

 ちょっとした使い方の違いが障害になって、IllustratorとInDesignの両方をマスターするのは簡単ではないユーザーもいるでしょう。頻繁に使わないのに複数のアプリケーションをマスターするのは、かなり壁が高そうです。毎日使っていれば、IllustratorとInDesignの違いを踏まえて作業できますが、そうでなければ、混乱するだけです。

 だからそう考えると、

Illustratorだけで面付できれば


と思うわけです。

 面付けするといってもメインは実はオフセット印刷用の面付けではありません。印刷用の面付けは出力会社側・印刷会社側にあるわけです。メインの面付けは

軽オフセット用
カラーカンプ用


だと思うのです。軽オフセットでは無線綴じで印刷することが多いのですが、その場合は、2つ折りで印刷することが多いのです。2つ折りもしくはペラで丁合して製本します。その場合の面付けというのは、手軽にできるものはなかなかありません。軽オフセットの場合は、プリンタ出力を手貼りで台紙貼りして印刷することがおおいようです。プリンタ出力時に2つ折りの面付けができていれば、手貼りは不要になります。

091202-01.gif

*A4で32ページの中綴じ用のテンプレート。Illustrator CS4りマルチプルアートボードを使えば簡単に作成できます。プリンタから両面出力して丁合してセンターでボッチキス止めすると、そのまま中綴じで製本できます

 カラーカンプ用というのは、仕上がり見本用の出力です。A4で8ページでも両面プリンタがあれば、カラーカンプ用に面付けして中綴じでプリントアウトできます。用紙のセンターに配置してあれば、A3ノビで両面出力し裁ち落としで断裁すれば、塗り足しがあっても仕上がりとほぼ同じ見本が簡単に作成できます。中綴じ出力はそのまま完成見本となるのです。

 少部数であれば、製本してそのまま製品にすることも可能です。Illustratorと両面プリンタがあれば、小冊子が簡単にできてしまうのです。というわけで、Illustratorだけでプリンタ出力のために面付けするメリットを考えてみました。是非、あなたのご意見をコメント欄にお寄せ下さい。



■IllustratorPDF面付け日誌

●1●IllustratorだけでPDFを手軽に面付けするには
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134311965.html

●2●Illustrator CS4でするPDFマルチ面付けにはどんなものがある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134409585.html

●3●Illustrator面付けのメリットはプリンタの面付け出力に意味がある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134502606.html

●4●ダミーPDFを面付けテンプレートに貼り込む方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/135063501.html

●5●Illustratorでの面付けはドキュメントをテンプレート化する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/139989473.html

●6●IllustratorでもInDesignのようにマルチページでプレビュー表示する方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140120439.html

●7●面付けテンプレートの種類、中綴じと無線綴じ
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140595778.html

●8●大台紙のアタリトンボはトリムマークのアピアランスを分割する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140656294.html


 
 



posted by 上高地 仁 at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | IllustratorPDF面付け日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。