IllustratorだけでPDFを手軽に面付けするには



 IllustratorでPDF面付けはできるでしょうか。Illustrator CS4ではマルチプルアートボードの機能が追加され、複雑な面付けテンプレートを作成することが可能になっています。IllustratorでするPDF面付けの可能性を考えます。

 

 IllustratorでもInDesignと同じようにPDFを貼り込むことができます。Illustrator CS以降は、PDFを貼り込んでもそのままリンクを保持できます。Illustrator 10までは、PDFを貼り込んでもEPS保存すると、Illustrator形式に変換されてしまうので実質的に使い物になれませんでした。Illustratorが認識できないフォントがあると、たとえPDFに埋め込まれていても、フォントが差し変わってしまうからです。

 PDFを面付けするのであれば、Illustratorを使うよりInDesignを使う方が便利です。InDesignはマルチページに対応していますから、さまざまな面付けを簡単にすることができます。

 アプリケーションで面付けするメリットは、面付けソフトを導入するよりコストがかからないということもありますが、それとは別に自由自在に面付けを行うことができます。たとえばA4のページものを作成するとします。ドキュメントをA4で作成してPDF化した後、テンプレートで

プリンタからカラーカンプ用の中綴じ出力
軽オフセットなどの無線綴じ出力
オフセット印刷での四折り、八折り出力


という具合に使い分けることができます。高価な面付けソフトでも面付け機能は限定されていることがあります。オフセット印刷用の面付けとプリンタ用の面付けは同じ面付けソフトではできないことが普通です。

 また、アプリケーションで面付けすれば、A4サイズをA5サイズに縮小した面付けもそれほど難しくありません。A5の面付けテンプレートにPDFを縮小して貼り込めば簡単だからです。多少の手間を惜しまなければ、高価な面付けソフト以上のことが可能なのです。

 InDesignでは複数の面付けテンプレートを作成することで、出力方法を多彩に、つまりマルチユースすることが簡単にできます。しかしIllustratorはたとえPDFをリンク配置できても、ページものプリンタ用の中綴じ出力や無線綴じ出力(4ページ単位でを二折りする場合)は、実質的には無理です。マルチページに対応していないからです。

 Illustrator CSで可能な面付けは、四折り、八折り出力での大台紙貼りする面付けぐらいではないでしょうか。たとえば菊全の片面にA4を8ページ面付けすることは可能です。テンプレートを2つ用意すれば、16ページ分を面付けすることができます。つまり、PDFを貼り込めても、IllustratorはInDesign比べて実用性の点でかなり使い方が制限されるのです。

 それではIllustratorでPDF面付けするメリットはどこにあるのでしょうか。InDesignで面付けする方が簡単で使いやすいというのが本当のところです。しかし、Illustratorだけしか使わないユーザーも少なくありません。Illustratorだけで可能であれば、IllustratorだけでPDFを面付けしたいと考えるユーザーもいるに違いありません。

 可能性があるのは、Illustrator CS4です。Illustrator CS4は、マルチページには対応していませんが、マルチプルアートボードの機能が搭載されました。マルチプルアートボードの機能を使えば、InDesignでは可能だった

プリンタからカラーカンプ用の中綴じ出力
軽オフセットなどの無線綴じ出力
オフセット印刷での四折り、八折り出力


という面付け出力ができるのです。Illustrator CS4でドキュメントを作成し、PDFにしてもう一度、Illustratorの面付けテンプレートに貼り込みます。そして出力するなり、PDF保存するなりすれば、簡単に面付けができます。

091130-1.gif
*Illustrator CS4で作成した二折りのテンプレート。32ページくらいであれば、Illustrator CS4でテンプレートを作成してPDFを面付けすることが可能です。


 というわけで、Illustratorの面付けテンプレートを以前から作成したいと思っていましたが、なかなか進みませんでした。Illustrator CS4はどこまで普及しているのかという点が気になったからです。普及していないのであれば、機能は限定されていても、CS〜CS3までの面付けテンプレートやその作成方法や整理するほうがいいのかも、と思うこともあります。

 できれば、Illustrator CS4だけでなくCS〜CS3までにも対応したいと思っていると、なかなか前に進みません。というわけで、できれば、あなたのご意見をお聞かせ下さい。ご意見を反映してよりいいものにしたいと思っています。ご意見は下記コメント欄に。よろしくお願いいたします。



■IllustratorPDF面付け日誌

●1●IllustratorだけでPDFを手軽に面付けするには
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134311965.html

●2●Illustrator CS4でするPDFマルチ面付けにはどんなものがある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134409585.html

●3●Illustrator面付けのメリットはプリンタの面付け出力に意味がある
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/134502606.html

●4●ダミーPDFを面付けテンプレートに貼り込む方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/135063501.html

●5●Illustratorでの面付けはドキュメントをテンプレート化する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/139989473.html

●6●IllustratorでもInDesignのようにマルチページでプレビュー表示する方法
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140120439.html

●7●面付けテンプレートの種類、中綴じと無線綴じ
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140595778.html

●8●大台紙のアタリトンボはトリムマークのアピアランスを分割する
 http://dtp-s2.seesaa.net/article/140656294.html


 



posted by 上高地 仁 at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | IllustratorPDF面付け日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。