フォントの埋め込みの可否を調べるフォントパネル[やさしいプリフライト05]



 Acrobat 9 ProAcrobat 8 Proには、強力なプリフライト機能が用意されています。プリフライト機能を活用すれば、PDF内のさまざまな要素を調べたり、データを変換することができます。ここではAcrobat 9 Proのプリフライト機能をやさしく解説します。

 DTP出力でトラブルを招きやすいものにフォントがあります。Illustrator形式やEPS形式、QuarkXPressなどからのアプリケーションファイルから出力では、日本語フォントはプリンタに常駐フォントが必要でした。そのため出力トラブルを招きやすく、Illustratorではフォントはすべてアウトライン化する方法が一般的でした。

 PDFではフォントは埋め込み可能なフォントを使い、埋め込んでおくと常駐フォントがプリンタにインストールされていなくても出力することができます。プリフライトのフォントパネルでは、主にPDF内のフォントの埋め込みの可否を調べます

  フォントが埋め込まれていない場合は

フォントが埋め込まれていない

をチェックします。埋め込まれていないフォントがあるときリストします。埋め込まれてないフォントがある場合でも、Acrobatからでは代替フォントで出力することは可能ですが、印刷用の高解像度出力機ではPDFをそのままホットフォルダに放り込んで出力しますので、埋め込まれてないフォントがあるときは出力トラブルになります。

 フォントが埋め込まれてないときは、フォントを埋め込んだPDFとして保存し直すか、Acrobatで透明効果の分割・統合機能を利用してフォントをアウトライン化します。同名のフォントがシステムにあれば、アウトライン化は可能です。

 印刷用の出力ではフォントは埋め込んでいるのが基本ですから、PDF内の埋め込まれているフォントは調べる必要はありません。しかし、Illustratorのようにフォントをすべてアウトラインして出力しているような場合は、埋め込まれているフォントがあるときにリストしたいこともあるでしょう。

 PDFに埋め込みフォントがあるときは[フォントが埋め込まれている]をチェックします。[フォントが埋め込まれている]には2つのオプションがあります。

サブセットとして
完全


の2つです。一般的にPDF内のフォントは「サブセットフォント」として埋め込まれます。サブセットでは使用している字形のみを埋め込みます。使用字形のみのフォントを生成し、それをプリンタの常駐フォントのように扱って出力するのです。使用字形のみを埋め込むことでPDFのファイルサイズが小さくできます。

 「完全埋め込み」はフォントファイル内の字形をすべて埋め込む方式です。PDFのファイルサイズが肥大化しますが、欧米では「完全埋め込み」を推奨することが多いようです。「完全埋め込み」にする方が安全に出力できると考えているようです。

 IllustratorやInDesignではPDF作成時に、サブセット埋め込みの設定で「0%」を選択すると、欧文フォントを完全埋め込みにすることができます。「完全埋め込み」は基本的にPostScriptの欧文フォントに限られます。実際には欧文フォントもサブセット埋め込みしても、出力トラブルが増えるわけではありません。

 [フォントが埋め込まれている]のチェックでは「サブセットフォント」と「完全埋め込みフォント」のいずれかしか選択できません。[サブセットとして]を選択すると「完全埋め込みフォント」はリストできません。

Illustratorの完全埋め込みフォントを[サブセットとして]で調べる
P05-01.gif
 
  ↓
 
P05-02.gif
 

  ↓
 
P05-03.gif
 

  ↓
 

P05-04.gif
 

  ↓
 

P05-05.gif
*IllustratorのPDF保存時に[使用している文字の割合]を「0%」にすると、欧文のPostScriptフォントを使っているとき、フォントは完全埋め込みとして埋め込まれます。フォントパネルで[サブセットとして]ではエラーとしてリストすることができません。


Illustratorの完全埋め込みフォントを[完全]で調べる
P05-06.gif
 

  ↓
 

P05-07.gif
*[フォントが埋め込まれている]で[完全]を選択して調べると、リストされます。エラーリストに「完全またはサブセット」と書かれていますが、実際には「完全埋め込み」のフォントです。

Illustratorのサブセット埋め込みフォントを[サブセットとして]で調べる
P05-08.gif
 

  ↓
 

P05-09.gif
*IllustratorのPDF保存時に[使用している文字の割合]は初期値で「100%」となっています。この設定ではすべてのフォントはサブセットフォントとして埋め込まれます。[フォントが埋め込まれている]で[サブセットとして]を選択していると、エラーとしてリストできます。サブセットフォントの場合は、テキストのプロパティに「サブセット」と記述されています。


 サブセットも完全も両方をリストさせるには、カスタムチェックでフォントグループの[埋め込みである]というプロパティを使います。このプロパティではサブセット、完全に関わらず埋め込まれたフォントを調べることができます。サブセット埋め込みの場合は、エラーリストに「サブセットとして」と記載され、完全埋め込みの場合は「埋め込み」と記載されます。

 PDF内のフォントをフォントフォーマットで調べたいときは[フォントの種類]で、フォント名で調べたいたときは[使用フォント]を使います。[使用フォント]をチェックし[追加]するとシステム内のフォントをリストできます。もし出力トラブルを招きやすいフォントがある場合は、[使用フォント]で追加して[この一覧にある]を選択します。また、利用するフォントが制限されている場合は、許可されたフォントをリストし[この一覧にない]をチェックすることで、使用可能なフォントかどうかを確認することができます。

 




posted by 上高地 仁 at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | やさしいプリフライト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。