CMYK以外や特色をリストするカラーパネル



 Acrobat 9 ProやAcrobat 8 Proには、強力なプリフライト機能が用意されています。プリフライト機能を活用すれば、PDF内のさまざまな要素を調べたり、データを変換することができます。ここではAcrobat 9 Proのプリフライト機能をやさしく解説します。



 PDF内のカラーを調べる設定が用意されているのがカラーパネルです。カラーパネルでは

CMYKのみのカラー
CMYKと特色のみのカラー
グレースケールのみのカラー
グレースケールと特色のみのカラー


を振り分けて調べることが可能です。

  PDF内に含まれるカラーの中で、CMYKモードに含まれていても問題ないものに

デバイスCMYK
デバイスGray
レジストレーションカラー


があります。これらはデバイスCMYKとして出力する場合にはCMYKいずれかの版で出力されます。また新しいアプリケーションからPDFを作成した場合、デバイスカラーにDeviceNが使われることもあります。

 逆に使うべきではないカラーに

DeviceRGB
キャリブレーションカラー
特色

があります。DeviceCMYKとしてPDFを出力する場合は、デバイスRGBもキャリプレーションカラーも、特色もCMYKに変換して出力する必要があります。でばいすRGBは[このページのオブジェクトが使用しているカラー]で[RGB]をチェックします。[RGB]ではデバイスRGBのみを調べます。[デバイスに依存しないカラー]ではICCプロファイルの埋め込まれたキャリブレーションカラーやLabカラーのオブジェクトをリストします。

 PDF内にある特色は[このページを色分解したときに生成]の[次の値より大きい(  )特色版の数]をチェックして「0」と入力します。「0」を指定すると、特色が含まれている場合にリストします。ただし、文書内に特色がある場合にリストするだけでなので、特色オブジェクトを指定することはできません。

CMYKのみを調べるカラーパネルの設定
P04-01.gif
*CMYKと特色で出力する場合は、特色をエラーにならないように設定します。なお、デバイスRGBもデバイスに依存しないカラーも、フィックスアップの[色を置換]でデバイスCMYKに変換することができます。

 PDF内のカラーを変換せずにそのままデバイスCMYKとして出力する場合は、「特色版の数」「RGBカラー」「デバイスに依存しないカラー」をチェックします。これらをチェックしても「デバイスCMYK」「デバイスGray」「レジストレーションカラー」はリストされません。

 PDFがグレースケールモードのみで構成されているかどうかを調べるための設定が[このページを色分解したときに生成]にある

シアン、マゼンタまたはイエローの版のPDF画像

です。実はグレースケールには2種類あるのです。

グレースケールモードで指定されたもの
CMYKの墨版で指定されたもの

両方は出力した場合、同じものになりますが、PDF内のデータとして扱いがことなります。そこでグレースケールではないカラーを調べるために「シアン、マゼンタまたはイエローの版」あるときにリストするチェックが用意されました。[シアン、マゼンタまたはイエローの版のPDF画像]では、グレースケールモードの版でもCMYKの墨版でもチェックの対象とはならないからです。

グレーと墨版を調べるカラーパネルの設定
P04-02.gif
*デバイスCMYKの設定に、シアン、マゼンタ、イエローが含まれている場合をリストします。

 したがってPDF内がデバイスGaryのみであることを調べる場合、「特色版の数」「RGBカラー」「デバイスに依存しないカラー」に加えて[シアン、マゼンタまたはイエローの版のPDF画像]もチェックします。説明文が「PDF画像」となっていますが、画像以外のシアン、マゼンタまたはイエローもリストします。

シアン、マゼンタまたはイエローの版のみを調べる
P04-03.gif

  ↓

P04-04.gif
*CMYKのPDFに[シアン、マゼンタまたはイエローの版のPDF画像]のみをチェックしたプリフライトで解析すると、画像以外もリストされていることがわかります。

 PDF内の特色は、通常CMYKに変換することが多いのですが、特色のまま出力して印刷することもあります。「特色版の数」を指定するときは、[次の値より大きい(  )特色版の数]に、許可される特色の版数を入力します。特色1色を認める場合、「1」と入力すると、「1」より大きい「2」以上の特色があるときにリストします。

 特色名を絞り込むときは[使用されている特色名]で[この一覧にある]を選択して特色名を入力します。特色名が決まっているときは、この設定が利用できます。また[特色名が一貫していない]は同じ特色で特色名が異なっている指定が含まれている場合に、エラーとしてリストします。

[特色名が一貫していない]を適用する
P04-05.gif

  ↓

P04-06.gif

  ↓

P04-07.gif
*同じ特色で、特色名を変更したPDFを作成し、[特色名が一貫していない]を適用すると、エラーとしてリストされます。ここでは特色名の半角スペースを削除しています。フィックスアップには一貫していない特色名を同じ特色名にする機能が用意されています。

 




posted by 上高地 仁 at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | やさしいプリフライト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。