解像度の低い画像をリストする画像パネル



 Acrobat 9 ProやAcrobat 8 Proには、強力なプリフライト機能が用意されています。プリフライト機能を活用すれば、PDF内のさまざまな要素を調べたり、データを変換することができます。ここではAcrobat 9 Proのプリフライト機能をやさしく解説します。

─────────────────────────────────

 PDF内に埋め込まれた画像について調べるプリフライトチェックが画像パネルです。画像パネルでは

カラーもしくはグレーの画像解像度
ビットマップの画像解像度
画像の圧縮
画像の非可逆圧縮
画像のOPI

を調べるようになっています。

 画像の解像度では[次の値未満]で解像度の小さすぎる画像をリストし、[次の値以上]で解像度が高すぎる画像をリストします。解像度の高すぎる画像はフィックスアップなどでダウンサンプルできますから、必ずしもプリフライトチェックでリストする必要はありませんが、低すぎる画像は印刷品質に大きく影響します。

  印刷用としては[カラーおよびグレースケール画像の解像度]は「350 ppi」が標準ですが、[次の値未満]で「350 ppi」と入力すると、必要以上に画像がリストされてしまいます。オフセット印刷で175線でカラーおよびグレースケール画像を印刷する場合、「350 ppi」でなくても「250 ppi」以上あれば、印刷したときの画質が大きく損なわれることはありません。

 ただし画像の解像度は「250 ppi」未満であっても、そのまま印刷しなければならないこともよくあります。もともとの画像の解像度が低い場合は、解像度を高くすることはできないからです。ですから、「250 ppi」では「エラー」ではなく、「情報」や「警告」としてリストするほうがいいかもしれません。

解像度の下限制限を「警告」にする
P03-01.gif
*画像パネルでは複数の解像度制限を設定することはできません。カスタムチェックでも解像度制限のチェックを作成すると、「エラー」「情報」「警告」を使い分けることができます。


 解像度が低すぎる場合でも、解像度が「72 ppi」や「100 ppi」程度といった具合に、あまりに低い場合はデータ内容の確認が必要なケースもあります。画像パネルでは1つの解像度のみしか指定できません。「250 ppi」未満を「警告」、「100 ppi」未満を「エラー」とするようなときは、一方をカスタムチェックで指定します。

カスタムチェックの[画像の解像度]
P03-03.gif
*カスタムチェックではカラーグループの[コンポーネント数]と組み合わせて調べます。[コンポーネント数]は1つのチャンネルを構成するビット数を指定します。CMYKには4つのチャンネルがあり、それぞれが8ビットのカラー値を持っています。

 カスタムチェックで画像の解像度を調べる場合は、画像グループで[画像の解像度]で「次の値以下」で解像度を選択します。[カラーおよびグレースケール画像の解像度]に絞り込むときは、カラーグループから[コンポーネント数]を選択し[値]に「8」を、[ビットマップの画像の解像度]で絞り込むときは[値]を「1」にします。

画像パネルでPDF内の画像を調べる
P03-02.gif
*白や透明で[出力プレビュー]では確認できないような画像も、プリフライトで調べればリストすることができます。


 [ビットマップの画像の解像度]では通常、「1200 dpi」が基本ですが、「600 dpi」くらいあれば実質的には問題はありません。「ビットマップの画像」とはモノクロ二値の画像を指します。

 PDF内に画像が含まれているかどうかを調べたいときは、[カラーおよびグレースケール画像の解像度]で[次の値以上]で「1 ppi」と入力します。解像度が「1 ppi」を超える画像をすべてリストすることができます。透明で不可視の画像を調べたいときは、画像パネルで調べることができます。

 [画像は圧縮されていない]では圧縮されていない画像を調べます。[画像に非可逆圧縮が使用されている]は画像にJPEGなどの可逆できない(つまり圧縮すると画質が劣化する)圧縮方式が使われている画像をリストします。印刷用では圧縮されてない画像や非可逆圧縮された画像をリストする必要は、原則的にはありません。必要な場合だけ、選択すればいいでしょう。

 また、[画像にOPIが使用されている]では、OPIコメントを含む画像をリストします。OPIコメントを含む画像がPDFに貼り込まれることはまずありませんが、OPIコメントを含む画像は実画像ではない低解像度画像です。基本的には「エラー」にしておきましょう。なお、PDF/XではPDF内のOPIコメントを禁止しています。

 




posted by 上高地 仁 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | やさしいプリフライト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。