コルシカ、雑誌スキャン・ネット販売の是非



 ニュースになるまで知らなかったがエニグモという会社が雑誌をスキャンしてネット販売して日本雑誌協会から中止の要請を受けている。こういうニュースがなければ知られることが少なかったサービスかもしれない。

 普通に市販雑誌をスキャンして画像データを販売すれば、もちろん著作権法違反だろう。だから、エニグマではデータ販売の受注を受けた分だけ、当該雑誌を購入していて、その購入した雑誌をスキャンしてデータという渡すというやり方である。

スキャンを代行業

ということらしい。スキャンの代行を行うだけなので、出版社との契約は不要だし、著作権法違反にもならない。私的利用範囲の複製を依頼されているだけという言い分である。

  もちろん実際には注文してから、雑誌を購入しスキャンしているとは思えない。憶測するに、売れ筋の雑誌はスキャンデータを用意してダウンロード販売しているのだろう。スキャンが受注後の代行であると考えるのは無理がありそうだ。

 もし訴訟になったとしたら、エニグマじゃなかったエニグモは勝てないのではないか。「スキャンを代行業」であることの正当性を裁判官に理解して貰うのは簡単ではなさそうな気がする。「スキャンを代行業」は言い訳にしか聞こえないからだ。

 しかしこの問題の本質は、

出版社側の雑誌デジタルコンテンツ販売の取り組みの鈍さを露呈した

ことにある。デジタルコンテンツは普及の段階を通りすぎ、運用・活用の方法論で沸き立っているのに、雑誌の出版社が既存の流通形態にしがみつき、ユーザーの利便性を忘れてしまっていることにある。

 「コルシカ」などというサービスが登場する前に、雑誌のデジタルコンテンツを提供する仕組みを構築するべきであったにもかかわらず、そういう社会的使命に目をつぶり、ひたすら旧態依然とした流通方法に拘泥し埋没してきたことにこそもっとも大きな責任があるのではないか。

 雑誌の場合、バックナンバーの閲覧のためにデジタルデータをユーザーが保持できるようにすることはいまの時代であれば、当然のことではないか。あるいは週刊誌であれば話題のキーワードで複数の雑誌の一気に検索したいというニーズは確実にある。技術的には全く困難ではない。

 多くの雑誌販売数が低迷し、出版の倒産が増えていく背景には、コンテンツのマルチユースを頑なに拒否してきた雑誌社の姿勢にも問題がある。コンテンツから複数のビジネスモデルを生み出す努力のなさが、出版社の凋落を招いているのではないか。

 映画産業は金がかかるせいもあるが、劇場ロードショーだけでなく、DVDの販売、レンタル料、テレビ局への放映権、キャラクターのマーチャンダイジングと収益モデルを多角化してきた。雑誌だって掲載されるコンテンツから収益の多角化を図るべきであって、雑誌の販売(と広告料)だけで採算ベースに乗せようとすること自体が、時代遅れなのである。

 雑誌のデータ販売が本当にニーズがあるものなのかはまだまだ未知の部分はある。しかしそれを提供する「社会的義務」は出版社にはあるのではないか。「コルシカ」でなくてもよい。デジタルデータは別途費用がかかってもいいし、書店や出版社のネット販売での販促ツールとして利用してもよい。デジタルデータの提供を模索する試みは不可欠ではないだろうか。

 おそらく日本雑誌協会が怒っているのは、出版社自らがデジタルデータの販売をしたいためではなく、単に「許可なく」データ化して販売したためということだろう。つまりプライドが傷つけられたという程度の意識ではないか。

デジタルデータの許諾権は俺たちにある

ということだろう。だとしたら、いままでの出版社の取り組みはあまりにお粗末ではないか。そんな偉そうなことをいうだけの結果を残したのか、雑誌のデジタルコンテンツ化という社会的使命を果たしてきたのかと問いたくなる。

 そういう意味は、「コルシカ」は出版社にそれを気づかせた意義が大きい(気づいていない出版社の方が多いだろうけどね)。残念ながら、誰もがお尻に火がつかないと走り出せない。両者の話し合いがうまくまとまれば(まとまらないと思うが)、雑誌のデジタルコンテンツが手軽に利用できる日も遠くないかもしれない。もっもと、その場合はテキストの検索はできるようにして欲しい。スキャンされた画像データは願い下げである。


◆「コルシカ」に雑誌協会が抗議 雑誌スキャン・ネット販売は「著作権侵害」[ITmedia]
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/09/news050.html

◆日本雑誌協会が雑誌閲覧ネットサービス「コルシカ」にサービス中止を要請
Emi KAMINO[CNET]
http://japan.cnet.com/venture/news/story/0,3800100086,20401440,00.htm

◆「コルシカ」全雑誌データの販売を停止[Yahoo!ニュース]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091014-00000007-zdn_n-sci

◆コルシカ
http://www.corseka.jp/

 


タグ:コルシカ

posted by 上高地 仁 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 著作権で燃える
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。