Wordの飾り罫線をプリフライトで調べる方法



 Wordの飾り罫線は厄介である。Distillerで作成すると、モニタ表示でも現れず、印刷もできないことがある。Wordで飾り罫線が使われるケースは少ないが、それでもPDFに変換すると印刷できないデータに置き換わってしまう。

 原因はWindowsのGDIが飾り罫線を画像データに変換してしまうことにある。もともとGDIはモニタ表示用の処理系であったが、プリンタからの出力にも流用された。MacintoshのQuickDrawと同じようなものである。低解像度のプリンタからの出力には配慮されていても、高解像度の出力でも同じように処理を行う。プリンタドライバ解像度が高ければ、高いまま画像化するのである。

 プリンタから出力する場合は、解像度が高くてもプリントアウトできないわけではないが、飾り罫線では画像化するだけでなく、1ドットの画像を並べて線のように見せるので、高解像度であれば使い物にならない。2400 dpiで出力しても1ドットであり、その場合はフィルムやCTPに出力されても、ブランケットに転写されて印刷されることはまずない。1200 dpiだとかろうじて見えるだろうが、それもベタ場合であり、かけ合わせではどうにもならない。

  実は破線などの罫線も画像化されるが、1ドットにはならないので、それなりに見える。しかし飾り罫線は、印刷したときに失われてしまうので、トラブルの原因になってしまう。

 飾り罫線をPDF化する問題は他にもある。もう一つのトラブルの原因は、Distillerでのダウンサンプルである。Distillerにある印刷用の設定では「プレス品質」「高品質印刷」「PDF/X-1a:2001(日本)」にしても、画像はダウンサンプルされてしまう。Windows 2000とXPでは画像化される飾り罫線はRGB画像だからである。プリンタドライバの解像度が600 dpiであっても、飾り罫線はダウンサンプルされてしまいボケた画像に変換されてしまうのである。

 Windows 98ではカラー画像ではなく、モノクロ二値の画像マスクになる。つまり、罫線を画像でマスキングするのである。そのためダウンサンプルは、カラー画像ではモノクロ二階調のダウンサンプルしきい値の制限を受ける。1200 dpiではダウンサンプルされず、2400 dpi以上を指定したときダウンサンプルされて、PDFに表示されなくなる。

 Windows環境で飾り罫線を使った場合、

Windowsのバージョン
プリンタドライバの解像度
Distillerのダウンサンプルしきい値

の三つの要因を考慮しなくてはならない。そういう飾り罫線を調べるプリフライトを作成するのは簡単ではない。画像化される飾り罫線は、場合によっては小さな画像に分割されることがあり、飾り罫線以外でも、オブジェクトが画像になり分割されることがあるからだ。

 ただし調べる対象を絞り込めばよい。プリフライトチェックを個別に作成するのである。

Windows 98での1200 dpi以上
Windows 2000/XPでの600 dpi以上(ダウンサンプルオン)
Windows 2000/XPでの1200 dpi以上(ダウンサンプルオフ)


090617-01.gif
*Windows2000から書き出し、Distillerのカラー画像のダウンサンプルを「300 ppi」で書き出した場合の設定。Windows2000では飾り罫線は小さな画像に分割され、「300 ppi」と「350 ppi」では分割される画像の大きさが異なるので別々に調べる必要がある。


 Distillerの設定はデフォルトではダウンサンプルされているが、印刷用ではオフになっていることもあるので、ダウンサンプルをオフにした場合も調べておきたい。ダウンサンプルをオフにしても、1200 dpi以上は実質的には印刷できても使い物にならない。

 なお、Wordの飾り罫線でトラブルを発生させない一番の方法はDistillerを使わないことである。「いきなりPDF2」以降ではデフォルトのプリンタドライバの解像度は300 dpiになっていて、画像化された飾り罫線がダウンサンプルされることはないからだ。といっても、入稿されたWordからのPDFでは、Distillerが使われない可能性は低い。プリフライトで調べるしかなそさうである。


◆Acrobatだけでする安心確実なローコストPDFワークフローを構築する方法
http://www.incunabula.co.jp/090622/

◆ピンチを救うAcrobat 8 Proサクサク出力のコツ
http://www.incunabula.co.jp/book/acrobat8_saku2/

◆落とし穴に転落せずにWordから印刷用PDFを作成する方法
http://www.incunabula.co.jp/book/wordpdf/

◆いきなりPDF Professional 3 (説明扉付スリムパッケージ版)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000REYK00/incunabucojp-22

 



posted by 上高地 仁 at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Acrobat 9印刷用PDF自動変換
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。