2009年05月25日

PDFでの面付けは印刷では切り離せないですね

 これはインクナブラ書籍の読者からいただいた感想やご意見です。今回は印刷会社のMNさんからいただいたご意見を紹介します。



 acrobat7と8のバージョンによる出力トラブルの実際のところが大まかでも解ると、出力依頼や印刷依頼をする側として少しでも不安が取り除けるのではないかと思います。WINとMAC、イラレやインデザのバージョン、リンクや埋め込み、など組み合わせを考えると無駄に膨大になりますが、逆にやってはいけない既知のポイントなんかがあれば1つでも事前に知りたいところです。

 当方は面付けの素を購入する際にインクナブラ社のことを知りました。面付けという言葉にひかれてpdfは重要視してなかったのですが、今後しばらくはpdfが印刷の場面で切り離せないと実感し、勘に頼らないデータ作成を目指そうと思います。

 CTPまである印刷所だと閉じた系で問題解決ができますが、当方のように何社もデータのやり取りをする相手があると、各社の仕様があるようでなかったりします。コスト削減で利益を上げたいところで、一か八かで依頼するとかゲラの色校で確認という原始的なやり方を時代遅れと感じて来ています。(滋賀県守山市:経営全般:MNさん)




 『落とし穴に転落せずにWordから印刷用のPDFを作成する方法』と『PDF面付けの素 A3ノビ』をお申込みいただいたユーザー方からの感想です。さまざまなドキュメントを効率的に出力するには、やはりPDFにするほうが合理的ですね。


 a3nobi_image.gif PDFに変換するとき、アプリケーションやバージョンによって、あるいはPDF変換方法によってどのような違いがあり、どういう条件下でトラブルが発生するのかは是非知りたいことですね。「やってはいけない既知のポイント」は私も是非知りたいですが、こればかりはいろいろやってみてノウハウを積み上げていくしかないかもしりません。

 ただそうはいっても、かつてのEPSやアプリケーション形式のファイルより、PDFの方が「やってはいけない既知のポイント」は少ないと考えています。Illustratorの分割水平線InDesignの消失する効果などは、その都度対応していくしかないでしょうね。

 「CTPまである印刷所だと閉じた系で問題解決ができます」ですが、必ずしもそうではないと思います。閉じた系で出力しても、やってくるデータはさまざまです。PDFが効率的といっても、クライアントからの入稿データをPDFオンリーにすることはできません。

 IllustratorでもEPSやIllustrator形式で入稿してもPDFに変換して出力ワークフローに組み込むという手間は必要です。「各社の仕様」がなければ、社内での便利なワークフローに合わせて都合のいい方法で入稿して頂くようにお願いしていくしかないと思います。いずれにしても効率的なやり方をするのであれば、PDFでワークフローをくみ上げるのが一番でしょう。


◆落とし穴に転落せずにWordから印刷用のPDFを作成する方法
http://www.incunabula.co.jp/book/wordpdf/

◆クリック一発! PDF面付けの素
http://www.incunabula.co.jp/mentuke2/

 


posted by 上高地 仁 at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読者のご意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。