Illustrator CS/CS2分割水平線を詳細に調べる方法 その1



 Acrobatを使ってIllustrator CSとCS2の分割水平線を調べる方法は『Illustrator CS/CS2からのEPS画像PDF書き出しトラブル解決読本』に書いたが、今から考えるとけっこう大雑把な調べ方だった。分割される画像は、画像の横幅はそのままにして縦幅を小さくするので、縦幅の小さい画像を調べればいいことになる。

 Illustratorで分割水平線が現れるのは、Illustrator CSとCS2のみであり、画像の縦幅だけでなく、Illustratorのバージョンを合わせて調べることで分割水平線を調べることは容易になる。Illustratorのバージョンを絞り込めば、CSとCS2以外のバージョンから作成されたPDFは、エラーにならないからだ。

 困ったのは、Illustratorではなく、InDesignである。InDesignにEPS画像を貼り込んでPDF書き出しても、当然ながら画像は分割されることはない。分割されるのは、すでに分割されたIllustratorのPDFである。つまり、IllustratorにEPSを貼り込んで保存したPDFをInDesignに貼り込んだときである。Illustrator PDFだけでなく、CSとCS2のIllustrator形式をそのまま貼り込んでも、EPS画像は分割されて貼り込まれるのだ。

 InDesignが厄介なのは、貼り込まれたIllustratorのバージョンを絞り込むことができないというこどである。InDesignにPDFを貼り込んで、InDesignからPDF書き出しすると、オリジナルのIllustratorのバージョンはわからない。つまり、オリジナルがCSやCS2でなくても、画像の高さが小さいとエラーとしてリストされてしまうことになる。

  とりわけInDesignでは、小さな画像をアイコンのように貼り込むことがよくある。分割された画像でなくても、高さの小さい画像を使用するケースは少なくない。もし、小さな画像がマスターページに貼り込まれていると、すべてのページでエラーが表示されてしまう。

 これでは、プリフライトすると、たいていのInDesign PDFはエラーになってしまうではないか。はっきり言って実用的ではない。そこでもう少しスマートな方法はないものかといろいろ考えてみた。分割水平線を調べるためのポイントは

分割されても画像の横幅は変化しない
分割時の画像のサイズは約1MB


である。ということは、画像の横幅に対して高さが決まる。だいたい計算すると

約255,000ピクセル平方

で分割されるのである。横のピクセル数が大きい画像は、画像の高さが小さくなり水平線の数が増えるが、横のピクセル数の小さい画像は高さが大きくなる。

 ということは、画像の幅と高さを組み合わせて複数のカスタムチェックを作成すれば、より正確に分割水平線を調べることが可能になるはずだ。

 まずサンプル画像を作成した

10 mm
20 mm
30 mm
40 mm
50 mm
100 mm
150 mm
200 mm
250 mm


の画像を作成しEPS保存、Illustrator CS2に貼り込んで、PDF書き出しする。分化された画像のそれぞれの横幅と高さを調べてリストを作成する。

090520-01.gif

※Photoshopで各サイズの画像を作成して、雲模様を指定したサンプル用PDF。上からサイズの小さい順に並べてEPS保存し、Illustrator CS2に貼り込んでPDF保存したもの。

 それで

30 mmまで
30 mmから50 mmまで
50 mmから100 mmまで
100 mm以上


に分けてカスタムチェックを作成した。サンプル画像を貼り込んだPDFでプリフライト。区分けした通りにエラーがリストされた。

 これで完成だ。と言いたかったが、『Illustrator CS/CS2からのEPS画像PDF書き出しトラブル解決読本』を書いたときに使用した別のPDFに割り当てて見ると、あろうことか、リストされないではないか。

 使用したPDFを調べて、『Illustrator CS/CS2からのEPS画像PDF書き出しトラブル解決読本』を読み返してみると、原因がわかった。そうだったのだ、そういう仕様だったから、いままで画像の幅に合わせたカスタムチェックを作成しなかったのだったことを思い出した。

 理由は、Illustrator CSとCS2はEPS画像を分割してから、ダウンサンプルするのである。つまりPDF保存時にダウンサンプルしてしまうと、横幅のピクセル数が変わってしまうのである。もちろん縦も変わってしまうが、ダウンサンプルされても縦と横の比率は同じなので、エラーにならないのである。

 というわけで、カスタムチェックを複数作成して、画像の横幅に合わせる方法はここで頓挫してしまったのである。(この項続く)

 



posted by 上高地 仁 at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Acrobat 9印刷用PDF自動変換
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。