Wordからそのまま透明を保持してPDFを作成する方法とは



 これはインクナブラ書籍の読者からいただいた感想やご意見です。今回はDTP制作オペレータのCSOさんからいただいたご意見を紹介します。



 以前、「落とし穴に転落せずにWordから印刷用PDFを作成する方法」を購入しましたが、大変わかりやすく勉強になりました。仕事ではWordを使うことが多くトラブルが多かったのですが、おかげで助かりました。

 まだまだWordから印刷用PDFを作成する作業で解決してない事があるのですが…
Office2000で透明効果を使用したWordのPDFをAcrobat Distiller 7.0で作成すると、透明部分が分割されたり、透明ではない塗りになってしまいます。PDF Makerで作成しても同じ現象になったり、A3サイズでは内容が変形してPDFが作成されます。

 やはり、オブジェクトの編集からIllustratorで透明処理をした方が安全でしょうか?どうやったら透明効果をそのまま活かした印刷用PDFができるか、今度機会がありましたら解説してください。宜しくお願いします。では、これからもがんばってください。(大阪市中央区:DTP制作オペレータ:ユキさん)



 WordからのPDFはいろいろとトラブルが多いですね。プリンタドライバやDistillerの設定が適切であればかなり解決します。もっともアウトライン化しなければならないフォントは、PDFにしてからAcrobatで強制的にアウトライン化するしかないでしょう。

 090422-01.jpg また、Distiller 7.0では[高品質印刷]を使うと、Word内の透明効果はそのままPDFに反映されます。Distillerは本来、WindowsのGDIからPostScriptファイルを受け取ってPDFを作成するのですが、Distiller 7.0以降では、どうやらGDIのデータを直接PDFに変換しているのかもしれません。[PDF/X-1a]のジョブオプションは「Acrobat 4.0互換」なので、透明は分割・統合されますが、ディザのような画像になります。

 Distillerでうまくいかないときは、「いきなりPDF2」以降で試して下さい。DistillerよりシンプルにPDFを作成しますので、トラブルの少ないPDFになります。ただし、RGBのままなので、Acrobat等でCMYKに変換する必要があります。一度「いきなりPDF2」以降を試してみて下さい。「いきなりPDF2」以降では透明効果はそのままPDFに反映されます。


◆落とし穴に転落せずにWordから印刷用PDFを作成する方法
http://www.incunabula.co.jp/book/wordpdf/


◆いきなりPDF Professional 3 (説明扉付スリムパッケージ版)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000REYK00/incunabucojp-22

 



タグ:WORD

posted by 上高地 仁 at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読者のご意見
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。