InDesign CS3とCS4で出力時に消失する効果メニュー



 AdobeのサポートページでInDesign関係でPDF出力のトラブルを調べていたら、とんでもない未解決のトラブルを見つけた。サポートデータベースには今年の1月29日にアップされているので、ご存じの方も少なくないに違いない。サポートデータベースのTecNoteにある

オブジェクトに効果を適用して書き出した PDF ファイルでは正しく出力されない(InDesign CS3/CS4)

という記事がそれ。

 InDesign CS3とCS4で効果メニューを指定してPDF書き出しして高解像度出力機から出力すると、Acrobatで表示されるように出力されないのである。どうやら効果で指定したオブジェクトが失われてしまうようだ。

 問題になるのはすべての効果メニューではなく、

べベルとエンボス
シャドウ(内側)
光彩(内側)
サテン


の4つらしい。正確に言うとこれらのオブジェクト効果を指定し、透明を保持したままPDF書き出しして出力すると効果メニューが正しく出力されないという。

  この件についてはサポートデータベース以前に、大日本スクリーン製造の「出力手引きWeb:透明効果」で指摘されている。おそらく大日本スクリーン製造からの報告でアドビサポートデータベースにTecNoteとしてアップされたと想定できる。あるいは大日本スクリーン製造のRIPを使用しているユーザーからの報告かも知れない。「InDesignCS3/4の「効果」の問題(Adobe情報)」のページでは、InDesignで作成された[ベベルとエンボス]のシャドウ部が失われていることが図示されている。

 同じ現象を再現するには、InDesign CS3とCS4で「べベルとエンボス」「シャドウ(内側)」「光彩(内側)」「サテン」を指定して、角度を振って透明を保持したままPDFとして書き出す。そして、Acrobatで開いてTouchUpオブジェクトツールでオブジェクトを移動させるのである。そうすると、効果メニューで指定した部分が抜け落ちてしまうのだ。

 上記の効果メニューを指定すると必ずしも発生するわけではない。試してみると、オブジェクトを回転させないとTouchUpオブジェクトツールで移動し
ても効果はそのままだったものが、オブジェクトを回転させた場合はTouchUpオブジェクトツールで移動すると、効果メニューが失われた。



InDesign CS3,InDesign CS4

     ↓

InDesign CS3,InDesign CS4

※Acrobat 8 ProでTouchUpオブジェクトツールですべてのオブジェクトを選択して少しだけ移動したもの。「光彩(内側)」「光彩(内側)」「サテン」はオブジェクト効果が失われていることがわかる。


 原因はよくわからないようで、いまだアップデートで対応しているわけではなさそうだ。大日本スクリーン製造の「InDesignCS3/4の「効果」で出力が不正になる」には

PDF処理系統に問題があり
何らかの「PDFに関わる操作」が行われると問題が表面化


と書かれているので、一概にバグということはできないかも知れない。「PDFに関わる操作」が行わなければ見たまま出力可能だからだ。

 ただし、Acrobat 8 Proで透明の分割・統合を含めた複数のフィックスアップを適用すると、問題の効果は見事に消失した。つまり、フィックスアップではInDesign CS3とInDesign CS4の透明効果を分割・統合すると、同じように「出力が不正」になる可能性がある。Acrobat のプリフライトでInDesignで指定した効果メニューの種類を調べるのは多分無理。解決方法としては、InDesign CS3とInDesign CS4では透明を分割してPDF保存するしかない。そうなると、

出力機のAdobe PDF Print Engineは使えない

ということになる。それともユーザーが「べベルとエンボス」「シャドウ(内側)」「光彩(内側)」「サテン」を回転させて使わないようにするのか、というのも無理だろう。それともInDesign CS3とInDesign CS4では透明効果を分割したもののみ入稿するようにするしかないのか。

 それでは透明が分割されていないInDesign CS3もしくはInDesign CS4のPDFが入稿されたとき、どのように処理すればいいのだろうか。(続きは[DTP-S倶楽部ブログにようこそ]で御覧下さい)



◆オブジェクトに効果を適用して書き出した PDF ファイルでは正しく出力されない(InDesign CS3/CS4)[アドビサポートデータベース]
http://www.adobe.com/jp/support/kb/ts/235/ts_235048_ja-jp.html

◆ InDesignCS3/4の「効果」の問題(Adobe情報)[出力手引きWeb:大日本スクリーン製造]
http://www.screen.co.jp/ga_dtp/dtp/24/

●InDesign CS3とCS4で出力時に消失する効果メニュー[DTP-S倶楽部ブログ:要パスワード]
http://dtp-s.seesaa.net/article/117667554.html

◆DTP-S倶楽部のご入会はこちらまで
http://www.incunabula.co.jp/dtp-s/club/club.html

 




posted by 上高地 仁 at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesignトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。