社内環境をCreative Suite4で統一します。



 これはインクナブラ書籍の読者からいただいた感想やご意見です。今回はDTP制作オペレータの写研の残党さんからいただいたご意見を紹介します。



 タイムリーな話題を提供していただき、助かります。今CS2の環境で作業していますが、春までにCS4で社内を統一する予定です。アクロバット9の新機能も使いやすそうなので期待しています。インデザインもCS3の時よりはバグが少なそうなので、印象だけですが。

 アドビには新機能もそうですが、安定性を望みます。あとpdfの面付けの素の購入を考えています。CS4環境でも使えますか。(東京都千代田区:DTP制作オペレータ:写研の残党さん)




 新しいバージョンに統一するのはなかなか簡単ではありませんね。社内で制作するだけであれば、ほとんど障害はないんですが、作成したデータをそのまま外部に納品したりする場合、納品先、配布先のアプリケーションバージョンに依存するため、新しいバージョンに更新できないという話も聞きます。

  作成したデータを出力するだけであれば、最新の出力環境を持ったところから出力すれば、大きなバードルはありません。PDFにすればもっとも出力しやすくなります。もっともPDFでも、透明とグラデーションと特色の混ぜ合わせはやめた方がいいと思いますね。

 Acrobat 9 Proはいくつもの新しい機能が追加されています。印刷関係の機能も強化されていて、プリフライト機能はさらに強力になっています。とくにフィックスアップは便利ですね。もうすこし検証しないと見えない部分はありますが、うまく使えばRIPのバージョンに依存しないPDFに作り替えることができると考えています。

 『PDF面付けの素』、ご検討ありがとうございます。『PDF面付けの素』はInDesignのリンク更新機能を利用しているだけなので、InDesignは2.0以降であればバージョンを問いません。InDesign CS4でも確認してあります。

 バージョンアップして『PDF面付けの素』が使えないようになれば、旧いバージョンのドキュメントを開いたとき、画像が正しく配置されないということになります。今後もバージョンがアップしても、ファイルが開く限りそのままお使いいただけると思います。


◆バージョンアップの裏側を覗くAcrobat 9 Pro新機能の真実
http://www.incunabula.co.jp/book/acrobat9new/

◆Illustrator CS4までのおいしい新機能活用講座のお申込はこちらから
http://www.incunabula.co.jp/book/Illustcs4_newfun/

◆Photoshop CS4までのおいしい新機能活用講座のお申込はこちらから
http://www.incunabula.co.jp/book/photocs4_newfun/

◆PDF面付けの素はこちらから
http://www.incunabula.co.jp/mentuke2/mentuke2.html


 




posted by 上高地 仁 at 10:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読者のご意見
この記事へのコメント
はじめまして。DTPオペレーターに従事している森近と申します。

office系の印刷を主に携わっていますが、office2007で作成されたファイルの印刷が思うようにいきません。特にワードやエクセルに貼付してある3D効果のあるグラフや図形がPS及びeps書き出しがうまく出来ず、トラブルが頻繁に生じています。
いい方法はありませんか。
Posted by 森近 一治 at 2009年05月29日 17:39
上高地です。ご返事が遅くなりました。office2007は使っていないのでなんともいえません。ダイレクトにするより、いったんPDFにして、AcrobatでPostScriptやEPSにするという方法もあります。ただ、Office関係のアプリケーションは、Distillerを使うより、それ以外の「いきなりPDF」などを使う方がトラブルは少ないようです。別のPDF作成ソフトを使ってみて下さい。こればっかりはいろいろと試してみるしかないと思います。
Posted by jin-k at 2009年06月03日 19:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。