2009年03月18日

『Illustrator CS4までのおいしい新機能活用講座』[塗りブラシ]のサンプルファイル

 『Illustrator CS4までのおいしい新機能活用講座』の検証用サンプルファイルを整理してCDに焼き込んだ。トピックを解説するためにサンプルファイルを作成しなければならないが、それらを集めたものが「検証用ファイル」である。

 正直言ってIllustratorでも苦手な分野のサンプルファイルは作成しづらい。なんといっても、どういうサンプルを作成すればいいのか思いつかないからである。たとえば今回では

塗りブラシ
ライブペイント


などである。[塗りブラシ]はIllustrator CS4の新機能。ブラシを使って作成したオブジェクトが線ではなく塗りオブジェクトになるというのが新しい。なおかつ、同じペイント設定ブラシを重ねるとオブジェクトが合成される。Illustratorでタブレットを使って手書きイラストを作成するために便利な機能である。

 [塗りブラシ]を使うときの注意点は、設定オプションにある[精度]や[滑らかさ]で描画結果がどのように異なるのかということだろう。この違いをわかるように説明するのは難しい。というのは、塗りブラシは同じものを作成することができない。線として描画しても、マウスボタンを放したとたんに塗りオブジェクトに変換されるからである。

 IllustratorCS4_bookimage100.gif とはいえ、「精度」や「滑らかさ」の違いは同じオブジェクトで設定の違いを併記するしかない。同じオブジェクトで設定の異なるものを並べることで比較できるからだ。

 同じオブジェクトを使えないとしたら、似たようなオブジェクトを作成するしかない。これがなかなか難しい。マウスで曲線の軌跡を同じように描くことはまず不可能だった。それで、アタリのオブジェクトを作成することにした。ハートマークを作成して、その上をなぞることにしたのである。同じオブジェクトは無理でも、似たようなオブジェクトにはなる。

090318-01.gif

※元絵にしたハートの図形。同じようになぞっても、同じ線にはならないが、設定の違いはある程度は理解できる。

 [塗りブラシ]はマウスボタンを外したときに設定が適用されるので、マウスボタンを離す前と後のショットを作成した。それを設定を差し替えていくつか図版を作成した。曲線をサインカーブに近付けたいときは[精度]を上げればよい。アンカーポイントが少なくなるからだ。[滑らかさ]はアンカーポイントを調整せずに曲線を滑らかにする。

090318-02.gif

※[精度]の違いを解説したページのショット。[精度]を「20 pixel」にすると、アンカーポイントが少なくなり、きれいな曲線になるがディテールは失われてしまう。

 もう1つ注意したいのは、[塗りブラシ]に「カリグラフィ塗りブラシ」を使うときである。「カリグラフィ塗りブラシ」は線の角度と真円率を与えて、ペン先の太いペンで書いたように表現できる機能だ。「カリグラフィブラシ」そのものは昔からある機能だが、CS4の[塗りブラシ]でも「カリグラフィ塗りブラシ」を使うことができる。ただし、ブラシパネルでカリグラフィブラシを指定していると、塗りブラシオプションの設定が優先されるようである。

 CS3に追加された新機能に[消しゴムツール]があるが、[塗りブラシ]と併せて使うことで使い道が広がった。[塗りブラシ]で作成したオブジェクトを修正するには、[消しゴムツール]を使うがもっとも便利だからである。

◆Illustrator CS4までのおいしい新機能活用講座のお申込はこちらから
http://www.incunabula.co.jp/book/Illustcs4_newfun/

◆Photoshop CS4までのおいしい新機能活用講座のお申込はこちらから
http://www.incunabula.co.jp/book/photocs4_newfun/

 

 


ラベル:塗りブラシ
【関連する記事】
posted by 上高地 仁 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative Suite 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。