ローカルエリアノウハウはフランチャイズになる



 ローカルエリア印刷営業は成り立つのだろうか。印刷会社を主体としたショップは結構あったが、大きく成長したと聞いたことはない。ほんとうはけっこう儲かっている印刷ショップがあるのかも知れないが、大きく注目されるケースはなさそうだ。

090313-01.gif 従来の印刷会社のビジネスモデルは崩壊しつつあるといってよい。『売り込まなくても売れる! ― 説得いらずの高確率セールス(J・ワース、N・ルーベン著)』では、パッケージの印刷会社が訪問営業でクライアントを獲得する様が具体的に紹介されている。売り込みするのではなく、ひたすら自社の条件に合致するクライアントを捜すことで、「説得しない」営業方法を採り上げている。「印刷業は特別」と思っている人には、是非とも目を通して欲しい一冊だ。

 「説得しない」というのは、取引条件を詳細に絞っていき、条件に合わなければ断るのである。断り続けていくと仕事をゲットできそうにないが、取引する気のないアプローチ先を断ることで、相手と対等の立場での交渉がはじめて可能になる。また、見込のない客を追いかけないことで営業効率をアップさせることになる。

 日本の印刷会社では、たいてい追いすがって相手に合わせることが多い。仕事は貰うものであって、交渉するものではないという考え方が一般的だ。それは単にそのやり方の方が、ストレスがないからである。営業努力を示すことはできる。ただし、結果は二の次になってしまうのがネックだろう。残念ながら発注を貰うというスタンスのままだと、これからますます受注が少なくなるのは間違いない。

 
 となると、他の印刷会社がやらないやり方で儲かる方法を探すしかない。今からでも高確率セールスは可能だろうが、他の印刷会社と差別できる特徴がなければ難しいだろう。

 ここ最近、印刷業で成長したのはネット上の印刷通販ぐらいしかない。印刷通販が繁盛すればするほど、従来の地場産業的印刷会社は凋落していく。印刷物の多くはコストメリットの大きい印刷通販に流れていくからだ。

 地場産業の印刷会社も、ある程度は割り切って、コストメリットを考えて端物の印刷物は通販会社に任せていくしかない。実際そうしている会社もおおくあるはずだ。前回述べたように、おそらく倍で売っても感謝されることは間違いない。もっとも倍で売ってもマージンの絶対額は小さい。データ検証の手間を考えると割に合わないかもしない。

 そこで利益を上げるには、絶対利益額の小さい印刷通販の受注をたくさん集めることだ。自社だけではなく、営業エリアの異なる印刷会社とタッグを組んでも良い。あるいは、ローカルエリアで印刷通販を利用して利益を上げるノウハウを構築してフランチャイズするもの面白い。数が集まれば、価格や納期でも交渉しやすくなる。

 従来の印刷会社がいまから通販に乗り出すのは難しい。まあ、特色印刷とか箔押しとかマーケットの小さい分野に特化すれば、いまからでも参入は可能だろうが、スケールメリットを生かせるようになるのは簡単ではなそさうだ。

 だから、製造側に回るのではなく、営業サイドの工夫をして、アドバンテージを得る方法を考えていくほうが近道ではないだろうか。もし、ローカルエリアでの営業体制が整えば、もう価格競争を勝ち抜くは必要がない。そこでは「高確率セールス」の高飛車な営業スタイルがまかり通るはずである。印刷通販が行き渡った今だからこそ、可能な営業方法だと思うのだが、誰か試してみないだろうか。まずは営業所のある1キロ平方からはじめればいい。始めるのは極めて簡単なのである。

 


タグ:印刷会社

posted by 上高地 仁 at 21:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 印刷ビジネス閻魔帳
この記事へのコメント
---------------------------------------------------
このご連絡は、NTTコミュニケーションズが運営する“My”アフィリエイト
の広告プログラムをご紹介する目的で行っております。
問題がございましたら、こちら( scout-affiliate@ntt.com )まで
お寄せ下さいますようお願い申し上げます。
---------------------------------------------------
突然のご連絡失礼いたします。
“My”アフィリエイト スカウト事務局の池田と申します。
貴サイトを拝見し、非常に魅力的なサイトとお見受けし、
是非ともご紹介したい広告プログラムがございましたので、
ご連絡させていただきました。

ご紹介させていただく内容はTV関連サービスの動画広告となります。
ご協力いただいた方には以下の報酬をお支払いさせていただきます。

動画視聴完了+サイト誘導1件につき30円/お申込み1件につき4,200円
2,000円の特別報酬※
※3月19日(木)までにバナー貼付の上、事務局にご連絡いただいた方が対象

〜広告の内容〜
NTTぷららの「ひかりTV」の動画配信プログラムです。

〜サービスのご案内〜
http://www.affiliate.ntt.com/topics/movie/index.html

もしご興味がございましたら詳細をご案内させていただきますので、
下記フォームからご連絡いただけますと幸いです。
 ⇒ http://followmail.jp/affiliate/112/0


この度のご連絡で不快な思いをされた方には誠に申し訳ございません。
重ねてお詫び申し上げます。

■本件に関するお問い合わせ先

“My”アフィリエイト スカウト事務局
お問い合わせ: http://followmail.jp/affiliate/contact/
※本事務局は、株式会社ライトアップ( http://www.writeup.co.jp/ )が、
 NTTコミュニケーションズ株式会社より業務委託を受け
 NTTコミュニケーションズのサービスをお客様にご提案しております。
※本内容の転載、複製はご遠慮ください
Posted by “My”アフィリエイトスカウト事務局 at 2009年03月15日 22:32
確かに客先の条件に自社を合わせようとしてしまうことで、同じ客先の別の案件にも影響が出かねないし、モチベーションも下がってしまいます。一度読んでみようと思います。ありがとうございます。
Posted by M.N. at 2009年03月19日 16:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。