2009年03月09日

Photoshop CS4までのレイヤー処理の変遷

 鹿野宏さんにお願いした『Photoshop CS4までのおいしい新機能活用講座』のレイアウトが完成したので、校正を兼ねて読み直した。読み直していくと、Photoshopのレイヤー機能がバージョンごとに進化し、使い勝手が良くなっていることがわかった。

 Photoshopのレイヤーは

CS2ではスマートオブジェクトに対応
CS3ではスマートフィルターに対応


した。スマートオブジェクトでは画像を拡大縮小しても非破壊データが残るようになり、スマートフィルターでは画像にフィルターを適用しても非破壊で処理ができるようになった。

  『Photoshop CS4までのおいしい新機能活用講座』はけっこう具体的に処理方法が書かれているのが特徴だ。たとえば、スマートオブジェクトの解説では、人物の背面を差し替えながら、髪の毛のハイライト側とシャドウ側のマスク処理を使い分ける方法が紹介されている。ハイライト側はクッキリするようにハードエッジのマスク処理シャドウ側はぼけ足付きのエッジでマスク処理する。CS2ではレイヤーがグループ化が容易になり、こうしたマスクの使い分けが簡単になった。


090309_PS401.gif
Photoshop CS2でマスクを使い分ける方法が記載されたページ。


 CS4では色調補正パネルを使うと、そのまま新規調整レイヤーが作成されるのが便利なところ。CPUスピードとメモリが許す限り、ダイレクトに調整レイヤーを作成し、非破壊で編集できるようになったのが特徴だ。

 ただしそれだけでなく、Bridgeに[レイヤーとして読み込む]という機能が追加されたことも便利だと、鹿野さんはいう。複数の画像を選択して[レイヤーとして読み込む]と、読み込んだ画像をレイヤーにした1つの画像になる。これは、画像を編集するためというより、自動合成するときに便利な機能である。

 Photoshopのレイヤー機能がバージョンアップするたびにどのように変わっていったのかがわかれば、そのバージョンでの最適な使い方がわかると思う。CS2にはCS2の使い方があり、CS3ではCS3の使い方がある。CS4にバージョンアップしていなくても、バージョンアップするときの判断材料になる要素が含まれている本になったと、校正をしながら感じた。


◆Photoshop CS4までのおいしい新機能活用講座のお申込はこちらから
http://www.incunabula.co.jp/book/photocs4_newfun/

◆Illustrator CS4までのおいしい新機能活用講座のお申込はこちらから
http://www.incunabula.co.jp/book/Illustcs4_newfun/

 


ラベル:Photoshop CS4
【関連する記事】
posted by 上高地 仁 at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative Suite 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。