大阪・京橋でする『実践 カラーマネジメント教室 '09』のご案内



 鹿野 宏さんから『実践 カラーマネジメント教室 '09』の案内をいただきました。は株式会社小森コーポレーションの協力で行われ、オフセット印刷の実演も含めたカラーマネージメントシステムを解説するものです。

 セミナーの日程は

2009年3月6日(金)

で事前申込みは3月4日までとなっています。会場は

株式会社小森コーポレーション 大阪デモセンター

となっています。場所は環状線の京橋の近くですね。プログラム内容は

第1部 講演
○「アッ!と驚くカラーマネジメント」 鹿野 宏 (Lab)
第2部の実演で使用する画像データを用いてプロファイルの意味を知り、最終的に印刷をシミュレートする方法までの運用法を解説。また、最新ディスプレイ情報を盛り込みます。

○「オフセット印刷のカラーマネジメント」 波多野 孝司(小森コーポレーション)
印刷ワークフローにおいて、「色」情報はどのように印刷工程に伝達されていくのか? オフセット印刷はどこまで「色」を再現できるのか? オフセット印刷はどのように「色」をコントロールしているのか? "JAPANカラー"、"印刷の標準化"といったトピックを交えて解説します。

第2部 実演
○「実践オフセット印刷」 長井 裕二 (小森コーポレーション)
印刷する画像2枚をモニターで確認し、さらにインクジェットプリンターでプルーフを出力して確認した後、CTPで印刷版を作成し、実際にオフセット印刷を行います。印刷したサンプルはお持ち帰りできます。

となっています。印刷実演も含めたカラーマネージメントのセミナーは大阪ではなかなかないので、撮影から印刷までのカラーマネージメントシステムを理解したい方には朗報ですね。参加費は事前申込みで6,000円です。

詳細とお申込は下記より

◆実践カラーマネジメント教室 ’09[日本写真学会]
http://www.spstj.org/event/nissya_e_syosai_24.html


◆鹿野宏さんのPhotoshop CS4までのおいしい新機能活用講座はこちらから
http://www.incunabula.co.jp/book/photocs4_newfun/

 



posted by 上高地 仁 at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。