Illustrator CS4の[トリムマーク]はガイドにするな



 Illustrator CS4トリムマークを調べていた。オブジェクトに効果メニューから[トリムマーク]を指定しても、トリムマークがモニタ表示されないではないか。これはおかしい、以前は表示されたはずだと思いつつ、PDF書き出しすると、PDFにはトリムマークは反映されていた。

 ヘルプから、Adobeのサイトにアクセスして、「トリムマーク」で検索する。検索結果の「Adobe Illustrator CS4ユーザーガイド」にある「切り抜きまたは整列用のトリムマークの設定」で確認すると、

トリムマークは複数作成して表示することができる


と書かれているので表示するはず。ふむ、と思ってよくよく確認すると表示メニューで[プレビュー]がリストされている。[プレビュー]になっているということは、[アウトライン]表示なのである。ドキュメントに矩形のオブジェクトを作成しただけだったので、アウトライン表示になっていることに気が付かなかったのだ。[アウトライン]を選択してプレビュー表示にすると、[トリムマーク]は表示された。[トリムマーク]はアウトライン表示では表示されないらしい。

●効果メニュー化されたCS4のトリムマーク
090227_IllCS4.gif

 Illustrator CS4ではトリムマークを作成するには、オブジェクトを作成しなければならない。CS3まではドキュメントサイズに[トンボ(もしくはトリムエリア)]を作成して解除すれば、アートボードサイズのオブジェクトを生成できたが、CS4ではそれができない。

 矩形オブジェクトをトリムマークオブジェクトにした場合、オブジェクトを移動すると、トリムマークも連れ子のように移動する。仕上がりサイズを固定するためには、トリムマークオブジェクトをガイドにするか、と思ったがこの方法は駄目だった。

 [トリムマーク]オブジェクトを選択してガイドにしたら、トリムマークは消失したのである。PDFに書き出しても、トリムマークを書き出すことはできない。当然だろう、ガイドにした時点で、オブジェクトの属性はすべて失われるからである。[トリムマーク]オブジェクトのアピアランスを分割すると、元のオブジェクトは失われるので、仕上がり位置をガイドにしたいときは、オブジェクトを重ねてコピーしガイドに変換するしかなさそうだ。

 ちなみに、Creative Suite4のウェブ上のユーザーガイドは、ブログのようにユーザーがコメントできるようになっている。Adobe.comにサインインすれば、ユーザーガイドの各ページにコメントして質問したり、質問に回答することができる。効果メニュー化したトリムマークは、やはりわかりにくいようである。


◆CS4にCS3互換のトリムマークを追加する方法はこちらから
http://dtp-s2.seesaa.net/article/145140263.html?1269939741


◆アドビストアでのCreative Suite4製品の購入はこちらから
store3.adobe.com/cfusion/store

◆Photoshop CS4までのおいしい新機能活用講座のお申込はこちらから
http://www.incunabula.co.jp/book/photocs4_newfun/

◆Illustrator CS4までのおいしい新機能活用講座のお申込はこちらから
http://www.incunabula.co.jp/book/Illustcs4_newfun/

 





posted by 上高地 仁 at 12:32 | Comment(1) | TrackBack(0) | Creative Suite 4
この記事へのコメント
この記事を書いたときはトリムマークオブジェクトのアピアランスを分割したとき、元のオブジェクトの塗りや線の指定が失われたと記憶しているが、さっき試したら失われませんでした。もっともグループ化されるので、オブジェクト化したトリムマークの削除は面倒かも。ここで「[トリムマーク]オブジェクトのアピアランスを分割」と書いたのは、「[トリムマーク]オブジェクトからガイドを作成」の間違いのようです。
Posted by jin-k at 2011年12月16日 10:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114887312

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。