2008年12月16日

CS4の新機能を使ってみる─Photoshop CS4[コンテンツに応じて拡大・縮小]

 Photoshop CS4の「ウリ」の一つは[コンテンツに応じて拡大・縮小]機能だろう。画像を変倍しても、人物などのオブジェクトは変倍されずに、いびつにならないのだ。極めて分かりやすい新機能だろう。

 従来の編集メニューにある[自由変形]で画像のサイズを小さくすると、画像全体が変形される。画像サイズを変形したとき、画像内のオブジェクトを変形させずに、画像を変形しても問題のないと思われる部分のみを変形するのが

[コンテンツに応じて拡大・縮小]

である。使い方は簡単で、編集メニューから[コンテンツに応じて拡大・縮小]を選択し、画像を変形させるだけよい。画像を小さくするときだけでなく、大きくするときも有効だ。オブジェクトのサイズをできるだけ変形せずに背景部分を拡張する。

続きはこちらから


 


【関連する記事】
posted by 上高地 仁 at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative Suite 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。