吉田印刷所 無料でPDFのフォント埋め込み状態を診断できるウェブサービス



pdffontchecker.gif
 株式会社吉田印刷所(本社:新潟県五泉市)は、PDFデータを使う際に文字化
けせず適切に作られているかをネット上で無料にて確認できる「PDFフォント○×
チェッカー」を2008年4月2日より公開しており、公開から半年で延べ9,000回の
ご利用がされるに至りました。
 この度、今までご存じでなかった方にお知らせするため、DTP-S様のサイトを
お借りして紹介さしあげるものです。

■本ウェブサービスの特徴
 本ウェブサービスの特徴は以下のようになります。
・利用者はウェブブラウザだけあればOK
・確認結果はわかりやすい「○」「×」で表示
・埋め込まれているフォント、埋め込まれていないフォントのリストをそれぞれ表示
・利用したPDF生成ソフトにおけるフォント埋め込み手順を提示
・利用は無料
■本ウェブサービスの仕様
・機能:PDFファイルのフォント埋め込み状態の表示
・対応ブラウザ
 ・Windows:Internet Explorer 6/7、Mozilla Firefox 1/2/3、Opera 8/9、
Safari 3.1 他
 ・Mac:Internet Explorer 5.1/5.2、Mozilla Firefox 1/2/3、Opera 8/9、
Safari 他
・アドレス:http://pdf.printjapan.com/
・利用料金:無料
■本ウェブサービス開設の経緯
 吉田印刷所・特売プレスでは2001年に他社に先駆けてPDFファイルによる印刷
データの入稿対応を開始しました。そして、今ではPDFによる印刷データの入稿
が全データの半分を占めるまでになり、これまでに蓄積した経験をインターネッ
ト上でPDFに関する情報として公開を進めてきました。
 この過去の7年間の経験により、PDFを取り扱うユーザーで特に多い問題とし
て、「PDFにフォントが埋め込まれていないまま入稿される」というものが浮か
び上がってきました。これは、PDF形式のファイルの取り扱いがエンドユーザー
に広がるにつれて特に多くなってきております。
 原因として、PDF表示ソフト「Acrobat」「Adobe Reader」でのフォント埋め込
みの確認方法や表示がわかりづらいことと、それ以前にフォント埋め込みの必要
性が意識されていない背景が考えられます。
 PDFファイルの用途が多岐にわたる現在、PDFファイルはウェブ上に掲載やメー
ルに添付するなど、情報共有ツールとして幅広く利用がされていますが、フォン
トが埋め込みされていないと、文字化けや文字抜けなどの情報伝達で問題を起こ
してしまう恐れがあります。(添付画像参照)
 吉田印刷所では、PDFファイルにフォントが埋め込まれているかどうかを手軽
に確認できる方法をウェブサービスとして開放することで、PDFファイルにおけ
るフォント埋め込みの必要性を訴え、PDFファイルによるコミュニケーションを
スムーズにすることができると考えました。
 このサービスを通じて、コミュニケーションの環境を改善することによりネッ
トワーク社会でのPDFファイルの利便性が高まることを期待しております。
【吉田印刷所について】
 株式会社吉田印刷所ではIT技術を活用し環境貢献できる印刷を目指す活動を
行っております。インターネットを活用したPDFでのデータ入稿では営業マンや
バイク便などを介在させない仕組みによって、人やモノの移動を極力抑え、環境
の負荷を低減させる環境印刷を実現しています。また印刷工場ではグリーンプリ
ンティング認定を取得して、環境負荷を抑える印刷を実行しております。

株式会社 吉田印刷所
■代表者:吉田 和久
■担当者:営業部 笹川( info@ddc.co.jp )
 〒959-1852 新潟県五泉市今泉902-1
 TEL.0250-43-6144 FAX.0250-43-2918
■電話可能時間帯:9:00〜17:20(月曜〜金曜)
■関連 URL:
 吉田印刷所    : http://www.ddc.co.jp/
 PrintJapan.com  : http://www.printjapan.com/




posted by 上高地 仁 at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) |  サービスのニュースリリース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。