2008年10月06日

PDF保存のためのEPS画像の埋め込みは是か非か

 Illustrator CSとCS2の水平線の問題をもう一度取り上げてみたい。Adobeの「サービス&サポートFAQ情報」には、対処方法が二つ紹介されている。対処方法とは

EPS画像を埋め込んでPDF保存
DistillerでPDFに変換


の二つである。Distillerで変換する場合は、当然ながらDistillerが必要であり、Illustratorユーザー全てに当てはまる方法ではない。また、Distillerで変換したときにデメリットがないのかとか、Distillerのバージョンの制限はどうなっているのかという詳しい解説もない。Distillerでの変換は、ユーザーの自助努力に任されている

 となると、もっとも確実なのは「EPS画像を埋め込んでPDF保存」ということなる。しかし、Illustratorに貼り込んだEPS画像を埋め込むのはけっこう面倒である。デメリットを列挙すると

画像の圧縮が解除
ドキュメントのハンドリングパフォーマンスが低下
保存時のファイルサイズが肥大化


というようなことを即座に思いついてしまった。EPSでなくても画像を埋め込んでしまうと、画像はIllustrator形式の画像に変換されてしまう。取り扱い要注意である。サイズの小さい画像だと埋め込んだほうがいいケースもあって、一概には言えないが数MBの画像だと、デメリットの方が大きいのではないか。

 簡単なサンプルデータを用意して、ファイルサイズを比較してみた。EPS画像をリンクのままにして保存したものと、埋め込んだものとの違いを調べた。Illustrator形式で保存とたときの違いは

リンクのまま  6.8MB
EPSのまま  9.6MB

となった。ドキュメントに貼り込まれた画像は、JPEGエンコーディングされた画像で「1.1MB」のEPS画像である。Illustrator上で埋め込み処理すると、JPEG圧縮された画像が解凍されてしまうのだ。そのため圧縮されていないファイルサイズのままで保存されるのである。つまり、EPS画像を埋め込むと、保存時のファイルサイズが肥大化する。それだけでなく、ドキュメントのスクロールなどのパフォーマンスも低下するのだ。

081006-01.gif

 ただし、画像の圧縮が完全にデコードされるわけではなく、サンプルで使用した画像はJPEG保存時は「1.1MB」のEPS画像だが

Photoshopのファイルサイズ  15.1MB

なので、完全に展開されているわけではない。Illustratorの内部形式で圧縮されてると考えた方がよい。おそらくそのために、埋め込むとスクロールなどのパフォーマンスに影響するのかもしれない。

 したがって、EPS画像の埋め込みはPDF書き出し前に行うのがベターだが、その場合は、PDF書き出しするたびに、EPS画像を選択して埋め込まなければならない。極めて効率が良くない。IllustratorでPDF保存する場合、やはり貼り込み画像のファイルフォーマットをPhotoshop形式やTIFFなどに差し替えるしかない。それとも、Distillerをインストールする

 EPSを貼り込んで知らないまま。PDF書き出した場合は、いかんともしがたい。Acrobatを使って修正する方法があるが、それについてはまた改めて別の機会に解説したい。




ラベル:Illustrator CS/CS2
posted by 上高地 仁 at 19:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | Illustrator CS/CS2水平線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PDF作成が複数のファイルを一つのPDFファイルに作成できます。簡単な操作でWord(doc/docx)、Excel(xls、xlsx)、PowerPoint (ppt、pptx)をPDFに作成できます。変換機能と編集機能が備えていますから便利になります。出力設定によって最適なファイルの出力が実現できます。体験版をダウンロードして試みてください!
Posted by xiangxiang at 2010年09月16日 17:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。