IllustratorをInDesignに貼り込むと水平線はどうなる



 Illustrator CSとCS2EPS画像のPDF書き出しのトラブルは、Illustratorだけの問題ではない。IllustratorのファイルをInDesignに貼り込んだときにも発生する。InDesignだけではなく、IllustratorファイルをPDF化してレイアウトソフトに貼り込んだとき、同じ現象が起こってしまうのだ。

 Illustratorファイルを別のレイアウトソフトに貼り込むファイル形式には

Illustrator EPS
Illustrator PDF
Illustrator形式(ネイティブファイル)


がある。このうち「Illustrator EPS」のみが、内部のEPS画像に水平線を発生させずに貼り込める方法である。「Illustrator EPS」を貼り込んだ場合、InDesignからPDF書き出しても、Illustratorファイル内のEPS画像は分割されないのだ。InDesignは「Illustrator EPS」を取り込んで、InDesignでEPS画像を埋め込みPDFに変換することができるのである。

 「Illustrator PDF」は、InDesignに貼り込もうとそれ以外のアプリケーションソフトに貼り込もうと、IllustratorからPDF保存したとき、既にIllustratorに貼り込まれたEPS画像は

もう分割されている

のだ。したがって、分割された画像データを貼り込むので、InDesignでもそのまま分割されたまま出力される。PDFで書き出しても同じように分割されている。

 問題は「Illustrator形式」で貼り込んだときだろう。「ai」形式のファイルをInDesignに貼り込む場合も、やはり、Illustrator内のEPS画像は分割される。そして、画像によっては水平線が表示されるのだ。

 「ai」のネイティブファイルを貼り込んだ場合は、EPS画像はIllustratorで埋め込み処理されておらず、分割していない画像が貼り込めるはずである。そう、もし、InDesignがIllustratorのネイティブデータにアクセスして貼り込むことができるのであればである。

 IllustratorからIllustrator形式で保存するときのオプションに

PDF互換ファイルを作成

というチェックボックスがある。この設定はデフォルトではオンになっている。オンになっていると、Illustrator形式で保存したとき、Illustratorのネイティブファイルと、PDFに変換されたファイルの両方が保存される。Illustratorで開くときは、Illustratorのままのデータで開き、Acrobatで「ai」を開くと、PDFに変換されて保存されたPDFが開くのである。

 InDesignに[PDF互換ファイルを作成]をオフにしたファイルを貼り込むと、プレビューが表示できない。Illustrator 10やCSでは

このファイルは、PDFの内容を含めずに保存した
Adobe Illustratorファイルです。

と表記されるが、Illustrator CS2の「ai」をInDesign CS3に貼り込んだところ、なにも表示されなかった。いずれにしても、[PDF互換ファイルを作成]をオフにすると、InDesignはレイアウトデータを取り込むことができない。つまり、InDesignが認識するのは、Illustrator形式でもPDFとして変換されて保存されたデータなのである。

080917-01.gif

    ↓

080917-02.gif

Illustrator CSのファイルを[PDF互換ファイルを作成]をオフにして、Acrobatで開いたもの。InDesignに貼り込んでも、同じように画像化したテキストが貼り込まれる。Illustrator形式のファイルは、[PDF互換ファイルを作成]はオンにしなければ、InDesignに貼り込むことはできない。Illustrator 9.0は設定がないがデフォルトでオンのようである。また、Illustrator 8.0は内部形式がPDFではないが、Illustrator形式でもInDesignに貼り込むことが可能だ。



 Illustratorは「ai」で保存するとき、[PDF互換ファイルを作成]がオンになっていると貼り込まれたEPS画像をPDFの埋め込み画像に変換する。そのとき、EPS画像は分割されるのである。そして、水平線が表示されることになる。InDesignは分割された画像を取り込んで配置するのである。

 InDesignにIllustratorのファイルを貼り込むときは、EPS画像を含まないIllustrator形式のデータを貼り込むようにする。あるいは、「Illustrator EPS」で保存して貼り込むのがベターだ。水平線問題のおかげで、Illustrator EPSの呪縛からはなかなか逃れられそうもないようである。


Illustrator CS/CS2からのEPS画像PDF書き出しトラブル解決読本


 



posted by 上高地 仁 at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Illustrator CS/CS2水平線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。