2008年08月22日

Acrobat 9 ProでPDF内のかけ合わせを特色に変換する

 Acrobat 9 Proフィックスアップ機能には、★五つあげてもいいような機能が追加されました。それは、任意のかけ合わせカラーを、特色に変換する機能です。指定したカラーを選択して特色に置き換えることができます。特色に変換できれば、どんなかけ合わせにでも変換できます。
 とりわけ、Wordからのドキュメントでカラーパレットで指定したカラーを特色で印刷しなければならないことがある場合は、この機能を使って特色に変換すると便利です。



 Acrobat 9 Proのフィックスアップに追加されたものに、PDF内のカラーを特色に変換する機能があります。指定したカラーを選択して変換すると、そのカラーが特色になるのです。CMYKだけでなくRGBも特色に変換できます。

 PDF内に特色として含まれるデータは、Acrobatの[色を置換]で別の特色に置き換えることができます。特色から特色に変換してCMYKに分解すれば、特色を思い通りのCMYKに変換することが可能です。

 しかし問題はPDF内のかけ合わせです。かけ合わせカラーを、別のかけ合わせに変換することはできません。たとえば

C=50,M=50,Y=0,K=0  →  C=10,M=80,Y=100,K=0

に変換することはできないのです。Acrobat 8 Proまではできなかったのです。

 Acrobat 9 Proではそれが可能になりました。任意のかけ合わせカラーを指定してフィックスアップすると、そのカラーが特色になるのです。特色に変換できれば、その特色を別のかけ合わせカラーに変換することは簡単です。

 それでは、指定したカラーを特色に変換するには、どうすればいいのでしょうか。フィックスアップをどのように設定すれば可能になるのでしょうか。【ショット付きの続きはこちらから



ラベル:Acrobat 9 Pro
【関連する記事】
posted by 上高地 仁 at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | AcrobatでするPDF出力のツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。