2008年07月24日

Acrobat 9 公開の真実(7)─Acrobat 9 になっても「PDF 1.7」の不思議

 Acrobat 9ではPDFの仕様が拡張されています。しかし、PDFバージョンはAcrobat 8と同じ「PDF 1.7」のままです。今回は、AcrobatのバージョンとPDFバージョンの違いと「Acrobat 9 になっても「PDF 1.7」の不思議」を取り上げてみました。



 Acrobat 9になって、PDFの仕様が追加された。Acrobatのバージョンアップに合わせて、Acrobatの機能拡張が行われ、PDFの仕様も拡張されるのが通例となっている。ところが、Acrobat 9でもPDFの機能が拡張されているにもかかわらず、PDFバージョンは、Acrobat 8と同じ「PDF 1.7」となった。
 Acrobat 9で追加されたPDF仕様には、次のようなものがある

PDFポートフォリオ
セキュリティで256-bit AES
FLASH動画の再生


の3つである。これらの機能はAcrobat 8以前のバージョンでは対応していない。Acrobat 8は対応するPDFバージョンが同じであるにもかかわらず、上記の機能を利用している場合、PDFが開かなかったり、正しく動作しないことになる。
 PDFバージョンは、PDFが対応している仕様を指す。バージョンを重ねるにつれて、対応する仕様が増えていく。たとえばカラー関係では「PDF 1.1(Acrobat 2.0)」で

Deviceカラー(CMYK、RGB、グレースケール)
CalGray、CalRGB
Labカラー
インデックスカラー


に対応した。Acrobat 1.0(PDF 1.0)ではカラーという概念はなかったらしい。【ショット付きの続きはこちらから】



ラベル:Acrobat 9
posted by 上高地 仁 at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Acrobat 9 公開の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。