2008年07月14日

Illustrator CS/CS2でEPS画像のまま水平線なしでPDFを作成する方法

 Illustrator CSIllustrator CS2EPS画像を貼り込んでいるとき、EPS画像を埋め込んでしまえばPDF保存しても、画像が分割化されて印刷時に水平線が現れることはありません。しかし、画像の埋め込みは面倒な上、ファイルサイズが肥大化します。Illustratorはそれでなくても、[PDF互換ファイルを作成]をチェックしていると、ファイルサイズが大きくなります。画像を埋め込むとさらにファイルサイズは大きくなります。また、画像をPhotoshop形式などに差し替える場合は、一つ一つ差し替えねばならず、画像の点数が多いと、手間がかかります。そこで、EPS画像のままPDFを作成しても、水平線が現れない方法を取り上げてみました。




EPS画像を埋め込むとIllustratorのファイルサイズは肥大化する

 Illustrator CS/CS2にEPS画像を貼り込んであるとき、そのままPDF保存すると貼り込まれたEPS画像は複数の画像に分割されて、境界線に白い線が現れる。これを回避するには、EPS画像を埋め込んでPDFを作成するしかない。

 一番確実なのは、EPSで貼り込んだ画像を、EPS以外のフォーマットに変換しなおして、貼り込み直すことだ。EPS以外で貼り込めば、画像に水平線が現れることはない。

 画像を貼り込み直したくない場合はどうすればいいだろうか。EPSを貼り込んだまま、PDF保存しても水平線が現れないようにする方法である。

 もっとも手っ取り早い方法は、すべての画像を埋め込んでしまうことである。リンクパレットですべての画像を選択して、オブションメニューから[画像の埋め込み]を指定する。EPSであろうとなかろうと、すべて埋め込まれるので、後腐れなくPDFを書き出せる。ロックを解除し、書き出したい非表示レイヤーがあればオンしておけばよい。そしてPDFとして保存すると、埋め込み画像からの書き出しになるので、水平線は現れない。

 しかしEPS画像をすべて埋め込んだ場合、デメリットがないわけではない。画像をIllustratorでは画像を埋め込むと、

圧縮していても解凍された状態で埋め込む


ことになる。オリジナル画像がJPEGエンコーディングしてあっても、埋め込み時にJPEGのまま埋め込むことはできないのである。埋め込み画像が多く含まれるほど、Illustratorのファイルサイズも大きくなる。

080714-01.gif

Illustratorでは[PDF互換ファイルを作成]で保存すると、画像も含んだIllustrator形式で保存される。そのためファイルサイズが肥大化する。画像を埋め込むと、Illustrator形式とPDF形式の両方に画像が含まれるので、さらにファイルサイズは大きくなる。

 となると、PDF書き出しのときだけ画像を埋め込んで、ファイルは保存せず、画像を埋め込んでいないファイルのままにしておく方がいいことになる。その場合は、訂正があると面倒である。PDFを書き出す度に、すべての画像をまたぞろ埋め込まなければならないからである。

 EPSを貼り込んだままで、画像の埋め込みをしないまま、EPS画像に水平線が現れない方法はないものだろうか。そういう方法で書き出すことができれば、Illustrator CSとCS2でPDFを作成しても、水平線のトラブルを考えなくても済むことになる。

 実はある方法を使うと、EPS画像があっても、画像が分割されずにPDFにすることができるのである。埋め込む必要もない。そのまま書き出せばいいのである。[DTP-S倶楽部コンテンツに続く





ラベル:Illustrator CS
【関連する記事】
posted by 上高地 仁 at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Illustrator使いこなしの鉄則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。