複数台のMacintoshでiOS Developer Programの証明書を共有する



 iOS Developer Programの複数のアカウントは、1台のMacintoshで共有できる。それぞれのアカウントで証明書要求ファイルを書き出し、iOS Developer ProgramのCertificatesで証明書要求ファイルを読み込んで、開発用のプロファイルとアプリプロファイルを読み込めばよい。複数アカウントのプロファイルを読み込むと、それぞれのプロファイルがOrganizerにいっぺんに表示されてしまうが、混在は難しくない。

 基本的にiOS Developer Programからダウンロードしたプロファイルは、キーチェーンアクセスにそれに対応する秘密鍵があれば開くので、複数の秘密鍵を持っていても使い分けは可能だ。ただし、トラブルがあったときは、問題点を探すときにいろいろと証明書関係のファイルを触ってしまうことがある。トラブルがあったときは、シングルアカウント環境でアプリをビルドしたいこともある。プロジェクトファイルをシングルアカウント環境で開く方が、問題点を探りやすいからである。

 キーチェーンにある証明書関係の ファイルは

証明書要求ファイル名の公開鍵
証明書要求ファイル名の秘密鍵
iPhone Developer:iOS Developer Programのアカウント
iPhone Distribution:iOS Developer Programのアカウント


だけである。証明書を作成し直したりすると、「iPhone Developer:」や「iPhone Distribution:」が複数生成されることがある。その場合は古い方を消しておかないとビルドでエラーが発生する。


続きはこちらから


 

posted by 上高地 仁 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック



立川談幸師のグリム童話をSakuttoBook音声自動再生版で聞く



 SakuttoBookをカスタマイズする依頼をいただいた。カスタマイズ内容はページを開くと音声を自動再生する機能であった。いままでも音声は動画として取り込んで指定位置をタツプすると再生することは可能だったが、ページを表示したあとそのまま音声を再生する機能はなかった。音声が必要なのは絵本だからである。絵を表示して、音声で語るのである。語り手はなんと立川一門の立川談幸師匠というではないか。

 カスタマイズ依頼をいただいたのは「NPO法人 電子メディアと知識の箱デジコム」の新井千晶さんであった。新井さんはSakuttoBook当初からのユーザーであったが、それまで実はアプリの申請はされていなかった。しかしアプリの作成が具体化した。その内容がグリム童話を絵本したアプリにし、その絵のテキストを音声として流したいというものだった。

 電子メディアと知識の箱デジコムはデジタル・コミュニケーションを通じて地域コミュニティを支援する団体で、地域コミュニティを活性化するツールとしてiPhoneアプリの活用を視野に入れたのだろう。この音声版は、地域活性化の中で派生的に生まれたきた企画だと思われるが、地域活動のなかでiPhoneアプリが一つのメディアとして機能しつつある証左でもある。


続きはこちらから

 

posted by 上高地 仁 at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック



Adobe InDesignCS6対応自動組版ソフトSpicyLibraCS6販売開始



有限会社スパイシーソフト(本社:東京都大田区、代表:小澤靖)は、自動組版ソフ
トSpicyLibraCSのAdobe InDesignCS6への対応版Versin6.0(SpicyLibraCS6)を11月16
日より販売開始しました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■SpicyLibraCS6(Ver6.0)概要
 DM・宛名印刷、名刺印刷、オリジナルカレンダー印刷といった典型的なバリアブル
印刷処理に必須の「あふれ処理機能」「各種バーコード印刷機能」をはじめとし、日
本人の名前処理には欠かすことのできない「人名字取機能(ユーザーによるカスタム
設定可能)」や定型レイアウトのパンフレット制作など、Adobe InDesignCS6が提供
する組版機能を使い、容易な操作で自動組版を実現します。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■SpicyLibraCS6の主な機能
  1.基本機能:SpicyLibraCSの提供するInDesignCSプラグインにてラべリングさ
れたInDesignテンプレートドキュメント上に配置されたフレーム・線分オブジェクト
に対して可変の文字列、テキストファイル、画像ファイルを設定条件に従って挿入し
ドキュメントを作成します。。
  2.処理ファイル形式:可変データのファイル形式は、CSVファイル、TSVファイ
ル、XMLファイル、Excelファイル、Accessファイル(accdb)、SQLファイル(mdf)と多
種に対応します。
  3.出力ファイル形式:InDesignドキュメントは自動作成しますが、同時に、
PDF,EPS,JPEG,EPUB,HTML.XML,SWFファイルなどを作成することが可能となっていま
す。
  4.画像処理:挿入できる画像フォーマットは、JPEGをはじめInDesigCSが扱え
る画像ファイル形式をサポートするほか、TeXデータをEPSファイルに変換して貼りこ
むことを可能としています。。
  5.イメージバリアブル:IllustratorあるいはPhotoshopを利用し、可変データ
より可変画像やグラフを作成し、貼りこむことを可能としています。
  6.バーコード:郵便カスタマーバーコードはもちろんのこと、QRオード・
MicriQRコードの2次元バーコードや、NW7・CODE39バーコード、GS1バーコード各種、
ISBNバーコードなど各種のバーコードに対応しています。
  7.組版機能:フレームに設定された段落・文字スタイルが適用されますが、
SpicyTAGを使用することで、InDesignCSが備える文字・段落機能の多くを指定した文
字列に適用することができます。フレームをオーバーセットした場合には、指定した
扁平率まで長体あるいは平体をかけて追い込み処理を行います。また、InDesignCSに
はない、人名字取処理を行わせることが可能です。
  8.ユーティリティ機能:本機能とは別に、PDFファイルのページ分割・合体、
PDFから他の画像形式への変換といったPDFファイル処理機能をはじめ、データの半
角・全角変換、ファイル結合など便利なユーティ機能を備えています。
  9.ホットフォルダー:ホットフォルダーを設定できますので、手動により処理
ファイルを読み込む外に、処理命令ファイルと処理ファイルをフォルダーに投入する
ことで自動処理を行わせることができます。
※上記バーコードにつきましては、すべてのバーコードリーダー及び印刷環境での読
み取りを保証するものではありません。お使いのバーコードリーダーにてご確認の
上、ご利用ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■『SpicyLibraCS6(Ver6)』の稼動条件
Windows OS XP(sp3)/Vista(sp2)/Windows7
  (ただし、64ビットOSでは、32ビットプログラムとして稼働)  
.NETFramework 4.0  
InDesignCS6_J(Ver 8.0)  
MDAC2.8
データベースファイル利用の場合:AccessDatabaseEngine, SQL Server 2005/2008
R2 Express Edition(インストールディスクに格納)
dxfファイルを使用する場合:Microsoft Office 2010 Visio
Excelファイルへの変換処理を行う場合:Microsoft Office 2010 Excel
イメージバリアブルを行う場合:Adobe PhotoshopCS6 または Adobe Illustrator
CS6
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■価格
SpicyLibraCS6(Ver6.0) 新規購入 207,900円 (消費税込)
SpicyLibraCS5/5.5(Ver5.X)よりのアップデート購入 103,950円 (消費税込)
Ver4.0以前からのお買い求めは新規購入扱いとなりますのでご注意ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■評価版
弊社ホームページよりダウンロードしてお使いいただけます。
ただし、ご購入時に送付させていただくインストールディスクには入っております
が、Webサイトのディスク容量の関係で、.NET4.0などのモジュールに関しては同梱さ
れていません。別途、Microsoft社からのダウンロードが必要となる場合がございま
す。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■商標
スパイシーソフトは、有限会社スパイシーソフトの登録商標です。
SpicyLibraは、有限会社スパイシーソフトの登録商標です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■【お問い合わせ先】
有限会社スパイシーソフト
TEL:03-6450-0834 FAX:03-6450-0834
info@spicyーinc.jp
http://www.spicy-inc.jp
〒143-0011東京都大田区大森本町1-8-12-S104
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■【プレス用画増】
報道関係の方で、SpicyLibraCSに関する画像をご入用の方、
詳しい資料、画像等が必要な方は、メール、電話にて、何なりと
お申し出下さい。ご用意させていただきます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by 上高地 仁 at 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) |  製品のニュースリリース



iOS 6から厳格になったiCloudの2.23リジェクトの謎



 iOSのiCloud対応は5.0の時からだが、iOS 6になったとき、申請されるアプリのiCloud対応が厳しくなった。iCloudのルールに対応していないアプリはリジェクトされるようになったのである。リジェクトされるガイドラインは2.23で2012年の4月に追加されたものである。4月に追加されたカイドラインに含まれているが、実際に2.23でのリジェクトが始まったのは、同年8月くらいからである。

 2.23のガイドラインはアプリの機能に関するガイドラインで

アプリはiOS Data Storage Guidelinesに従わなければならない。
従わなければリジェクトされます。


というもの。iOS Data Storage GuidelinesはiCloudでのデータの扱い方を定義するもので、iCloud for Developersに詳細が記載されている。iOSのiCloud対応は2011年10月だが、翌11月にiOS 5.0.1がリリースされた。5.0.1はバグフィックス版だがiTunesに接続しなくても、iOSのアップデートが可能になった。つまり、5.0.1以降はiTunesを持っていなくても、iPhoneのiOSをアップデートできるようになったわけである。つまりiPhoneだけでデータやアプリのアップデートが可能になった。


続きはこちらから

 

posted by 上高地 仁 at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&トピック





Illustrator使いこなしの鉄則

  鉄則01:異なるバージョンでは開かない
  鉄則02:最新版にアップデートしよう 8.0〜9.0
  鉄則03:最新版にアップデートしよう 10.0〜CS2
  鉄則04:カラーマネージメント機能を使おう
  鉄則05:貼り込まれた画像のカラーはどうなる?
  鉄則06:透明効果の分割・統合をベクトル側で変換する
  鉄則07:透明分割とスポットカラーの怪しい関係
  鉄則08:ラスタライズ効果設定は「200 ppi」に設定する
  鉄則09:Illustrator CS以降で使うOpenType機能
  鉄則10:フォントはアウトライン化してPDF保存する
  鉄則11:PDF保存ではフチククリ文字はアウトライン化しない
  鉄則12:用紙サイズを大きくしてトリムマークを付けて保存する
  鉄則13:PDFのバージョンはAcrobat 4.0互換で保存する
  鉄則14:PDF保存ではIllustrator編集機能はオフにする
  鉄則15:RGBのEPS画像はそのままCMYKに変換される
  鉄則16:PDF保存ではICCプロファイルは埋め込まない
  鉄則17:Illustrator 10までは画像はダウンサンプルしない
  番外編1:可能な場合オーバープリントを保持とは
  番外編2:インテリジェンスなカラー変換
  番外編3:書き出されるPDFサイズ
  『Illustrator&InDesign使いこなしの鉄則』を発行します
 
Illustrator使いこなしの鉄則が改訂してiPhoneアプリになりました。

カラーマネージメント出力

  カラーマネージメント出力の不思議1〜InDesign編〜
  カラーマネージメント出力の不思議2〜Illustrator編〜
  カラーマネージメント出力の不思議3〜解答編〜

Vistaフォント、混乱の真犯人は誰だ

  その1:包摂はどこまで本当か
  その2:解き放たれた文字数の制限
  その3:JISの包摂に明確な基準はあるか
  その4:使われている文字は字形であっても拒否するのは非現実的だ
  その5:ユニコードは字形を追加するためにあるのだ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。